〜あれから、いくつもの思いを重ねて。心より平穏を、小さな灯りを灯せますよう〜

短歌や詩、日々の可笑しみ

モノクローム文芸館

All post

2267: -072- 短歌
2017.04.27      闇雲な七十一手をくり返し次の一手で変わら. . . . . . . . .  
2266: -071- 短歌
2017.04.25      鈍行の嘘でもいいから鈍行の各駅停車で待た. . . . . . . . .  
2265: -070- 短歌
2017.04.23      暗黙の薄ら寒いほど了解は甚だ私を恍惚させ. . . . . . . . .  
2264: -069- 短歌
2017.04.23      あいまいに触れないくらいの距離をとる透明. . . . . . . . .  
2263: -068- 短歌
2017.04.20      人をみてあざけるお前の唇に赤唐辛子を滴し. . . . . . . . .  
2262: -067- 短歌
2017.04.15      やむなしの苦渋をにっこり微笑みで受け流す. . . . . . . . .  
2261: -066- 短歌
2017.04.14      ゆらゆらと魔法のように魅惑する奇跡の続き. . . . . . . . .  
2260: -065- 短歌
2017.04.11      ましてやかなしみ遊覧船ふらふら踊れば船酔. . . . . . . . .  
2258: -064- 短歌
2017.04.07      こんなにもあたしだけ雨に打たれてる雨雲に. . . . . . . . .  
2257: -063- 短歌
2017.04.03      あの丘の向こうに夕陽が沈む頃あなたはどこ. . . . . . . . .  
2256: -062- 短歌
2017.03.31      もしも今もしもあのときとか言えば果敢なく. . . . . . . . .  
2255: -061- 短歌
2017.03.28      オレンジの六十一夜の三日月はさよならを告. . . . . . . . .  
2254: -060- 短歌
2017.03.25      日陰から応援してるよ日向ごと陰からこっそ. . . . . . . . .  
2253: -059- 短歌
2017.03.22      曖昧な絵手紙に思いを託して切手も貼らずに. . . . . . . . .  
2252: -058- 短歌
2017.03.20      あいにくの夜空は特に見えませんで探したと. . . . . . . . .  
2251: -057- 短歌
2017.03.19      哀しみを見上げて月夜にぶつけたら月もやっ. . . . . . . . .  
2250: -ほのぼの- 日々の雑記
2017.03.16      数年くらい前とかは、割と基本ほのぼのして. . . . . . . . .  
2249: -変化- 日々の雑記
2017.03.14      3月11日には、日記を書こうと思いながら寝. . . . . . . . .  
2248: -056- 短歌
2017.03.14      春になる桜も咲いては散りてから次の春にも. . . . . . . . .  
2247: -055- 短歌
2017.03.11      梅みどり咲けよ咲けよと吹く風に咲かば憂い. . . . . . . . .  
2246: -054- 短歌
2017.03.05      振りかざし斬りつけるだけの妄想に蠅がたか. . . . . . . . .  
2245: -053- 短歌
2017.02.27      ある意味で仕方がないと諦めた他の意味なら. . . . . . . . .  
2244: -052- 短歌
2017.02.25      薄墨の明け方の夢にふと覗く君がどこかで見. . . . . . . . .  
2243: -051- 短歌
2017.02.24      さよならをあたしのために呟いた見えなくな. . . . . . . . .  
2242: -050- 短歌
2017.02.22      あぁ雨に濡れているのはあたしだけ凍えてい. . . . . . . . .  
2241: -道すがら- 短歌
2017.02.20      10年くらいブログを続けて、出会いや別れに. . . . . . . . .  
2240: -049- 短歌
2017.02.20      今晩も光りを失う殺し屋の殺しの仕事は最低. . . . . . . . .  
2239: -048- 短歌
2017.02.14      アンテナも光合成する昼下がり電波を飛ばし. . . . . . . . .  
2238: -047- 短歌
2017.02.11      はらはらとフロントガラスに舞い降りる春先. . . . . . . . .  
2237: -046- 短歌
2017.02.08      四六時中ウソみたいなこと考えて優しさ後ろ. . . . . . . . .  
2236: -045- 短歌
2017.02.05      憎しみをただひたすらに積み上げて見下ろす. . . . . . . . .  
2235: -044- 短歌
2017.02.03      花陰に雨しんしんと濡れるかな馳せる心もイ. . . . . . . . .  
2234: -043- 短歌
2017.01.30      棘ばかり闇雲にただ尖らせて優しい言葉で切. . . . . . . . .  
2233: -042- 短歌
2017.01.27      白百合の顔向く方へと赴けば出会い尊しと別. . . . . . . . .  
2232: -041- 短歌
2017.01.23      ため息で魔法使いが杖を振る夜空を駆ける嘘. . . . . . . . .  
2231: -040- 短歌
2017.01.21      電気グルーヴのそこはかとない調べ温度のゆ. . . . . . . . .  
2230: -039- 短歌
2017.01.18      蒸し返す虫と無視する無心にも無人の駅なら. . . . . . . . .  
2229: -038- 短歌
2017.01.14      いつかみた陰日向から空とかを切り抜いたよ. . . . . . . . .  
2228: -037- 短歌
2017.01.13      咲かせても気付かれもしない花だけど時々ど. . . . . . . . .  
2227: -心ここに在らず- 日々の雑記
2017.01.09      最近、定期的に更新はしているものの、完全. . . . . . . . .  
2226: -036- 短歌
2017.01.08      悲しみと切なさ合わせの二重奏モノフォニッ. . . . . . . . .  
2225: -035- 短歌
2017.01.07      そっとして触れないような空腹でチョコとか. . . . . . . . .  
2224: -034- 短歌
2017.01.02      東から飛ぶ鳥も落とす温もりでいよいよ冬空. . . . . . . . .  
2223: -2017- 日々の雑記
2017.01.01      明けましておめでとうございます。旧年中も. . . . . . . . .  
2222: -033- 短歌
2016.12.29      存分に泣きまくれ泣きまくれ泣きまくれ誰に. . . . . . . . .  
2221: -032- 短歌
2016.12.29      偶発の偶然ばかりの巡り逢い君ともこうして. . . . . . . . .  
2220: -031- 短歌
2016.12.26      ドラマ仕立てに切り売りのストーリー絵空の. . . . . . . . .  
2219: -030- 短歌
2016.12.23      交差点どろっとざわつくその陰にしみじみ会. . . . . . . . .  
2218: -029- 短歌
2016.12.14      雨のあと心を気遣う狡さなら明日の朝まで消. . . . . . . . .  
2217: -028- 短歌
2016.12.11      いつからか 嫌だったはずのEXILE ひとりで. . . . . . . . .  
2216: -027- 短歌
2016.12.10      風よ吹け 人の届かぬ丘へ向け 誰も見もせぬ. . . . . . . . .  
2215: -026- 短歌
2016.12.07      最高の不安をあなたに贈ります大丈夫ぁない. . . . . . . . .  
2214: -025- 短歌
2016.12.06      どこからか小夜しい風も吹きましょう見下げ. . . . . . . . .  
2213: -024- 短歌
2016.12.04      かなしみの午前4時から少しだけ仏にならな. . . . . . . . .  
2212: -短歌- 日々の雑記
2016.12.03      短歌を詠む、という日常、ある種の日常の一. . . . . . . . .  
2211: -023- 短歌
2016.11.28      失えば光りのような陰ありて向こう岸から忘. . . . . . . . .  
2210: -光り- 日々の雑記
2016.11.28      人を笑い、優越感に浸る人。優越感はお風呂. . . . . . . . .  
2209: -022- 短歌
2016.11.26      上がらない雨はないとか言うけれど晴れて欲. . . . . . . . .  
2208: -コーヒー- 日々の雑記
2016.11.25      少量のウイスキーに熱いコーヒーを注ぐアイ. . . . . . . . .  
2207: -021- 短歌
2016.11.22      爽やかに逃げるを役に立てようとダンスもス. . . . . . . . .  
2206: -020- 短歌
2016.11.19      紅色に色めく街路樹などやけに美しすぎると. . . . . . . . .  
2205: -019- 短歌
2016.11.16      君のこと19番目に好きだよと気遣いながら言. . . . . . . . .  
2204: -018- 短歌
2016.11.16      お昼とか真夜中だとかに考える真理のいちい. . . . . . . . .  
2203: -017- 短歌
2016.11.13      灰色にくすんだ心を見捨てない白でも黒でも. . . . . . . . .  
2202: -016- 短歌
2016.11.09      いつの日か冬だか秋に観た映画の場面をひと. . . . . . . . .  
2201: -015- 短歌
2016.11.07      春風に吹かれるような夢を見る秋の夜長と冬. . . . . . . . .  
2200: -014- 短歌
2016.11.05      キングオブ裸の王様キングオブ思慮深くイン. . . . . . . . .  
2199: -地味に淡々と- 日々の雑記
2016.11.02      最近はほとんど短歌のみの更新で、何かと言. . . . . . . . .  
2198: -013- 短歌
2016.10.31      ガンダムの古いアニメを観るように誰かもい. . . . . . . . .  
2197: -012- 短歌
2016.10.29      良心に咎められたる母子みて隣の芝生はしみ. . . . . . . . .  
2196: -011- 短歌
2016.10.29      青空に咎められたる下心いちいち何かをため. . . . . . . . .  
2195: -010- 短歌
2016.10.24      クリスマス盆と正月付け足して幸せ少しも切. . . . . . . . .  
2194: -009- 短歌
2016.10.21      耳鳴りを君より近くに感じたら吐き捨てるよ. . . . . . . . .  
2193: -008- 短歌
2016.10.17      片手間に弾いて忘れたギターにも君が話した. . . . . . . . .  
2192: -007- 短歌
2016.10.17      ただ少し思いを馳せるおぼろげに夜も更ける. . . . . . . . .  
2191: -006- 短歌
2016.10.13      羽根のない扉のような目の前に夜空だ茜だや. . . . . . . . .  
2190: -005- 短歌
2016.10.11      字足らずで少し舌足らずな言葉 はてなとび. . . . . . . . .  
2189: -004- 短歌
2016.10.05      それぞれの空を見上げている夜に影踏みしな. . . . . . . . .  
2188: -003- 短歌
2016.10.04      それぞれに我が身勝手な花々を綺麗だねなん. . . . . . . . .  
2187: -002- 短歌
2016.10.03      憂さばかり吐き捨てるような愛情に今さら潰. . . . . . . . .  
2186: -001- 短歌
2016.09.29      もう一度やり直すような愚かさで罪を滅ぼす. . . . . . . . .  
2185: -百- 短歌
2016.09.27      先日の台風なども温帯低気圧になり去り際の. . . . . . . . .  
2184: -九拾九- 短歌
2016.09.23      嵐かと見まがうような窓の外、切り裂くよう. . . . . . . . .  
2183: -九拾八- 短歌
2016.09.21      98回くらいじゃ済まされぬ重ねた嘘と上塗り. . . . . . . . .  
2182: -九拾七- 短歌
2016.09.19      だめだねと吐き捨てたその裏側に素晴らしき. . . . . . . . .  
2181: -九拾六- 短歌
2016.09.17      冷製のパスタのようにひんやりと窓を抜けて. . . . . . . . .  
2180: -九拾伍- 短歌
2016.09.15      どの面がいちいちそういう口にして一日めそ. . . . . . . . .  
2179: -九拾四- 未分類
2016.09.14      裏飯屋さよならバスの停留所ろくでも雨に濡. . . . . . . . .  
2178: -九拾参- 短歌
2016.09.12      笑えれば綺麗に騙して終りまで真実を知るこ. . . . . . . . .  
2177: -九拾弐- 短歌
2016.09.10      92回目の短歌を詠うとき君が見ていた夜空を. . . . . . . . .  
2176: -九拾壱- 短歌
2016.09.07      抱きしめて偽りに似た星空を流れ星など流れ. . . . . . . . .  
2175: -九拾- 短歌
2016.09.05      南極の魔法使いが溶け出して肝から冷やした. . . . . . . . .  
2174: -八拾九- 短歌
2016.08.31      海鳴りのような木霊の雑音を聞こえよがしに. . . . . . . . .  
2173: -八拾八- 短歌
2016.08.28      あたしだけ大切にしてるあたしなど空に吹か. . . . . . . . .  
2172: -八拾七- 短歌
2016.08.23      突然の通り雨とかいう歌に心の岸辺は揺れな. . . . . . . . .  
2171: -八拾六- 短歌
2016.08.19      ともすれば風に笑顔に消えていく憎しみ密か. . . . . . . . .  
2170: -八拾伍- 短歌
2016.08.16      数えれば八十五夜の思い出にふるふる揺れる. . . . . . . . .  
2169: -八拾四- 短歌
2016.08.14      可愛げの見失いますの指先は何を辿りて故ロ. . . . . . . . .  
2168: -八拾参- 短歌
2016.08.13      痛すぎる心の岸辺に寄り添える鼻血のような. . . . . . . . .  
2167: -八拾弐- 短歌
2016.08.06      魔法でも夢でも嘘でも絵空でも陰でこそこそ. . . . . . . . .  

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

モノクロ

Author:モノクロ
ふとした日々の、ふとした言葉。「モノクローム文芸館」です。


・ご意見ご感想もお待ちして居ります。
~モノクロ書簡~

天気予報

時刻

月別アーカイブ

バイオリズム

FC2カウンター

放射線量計

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

« 2017 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -