〜揺られ揺られる、日々の思いを、君へ、あなたへ〜
FC2ブログ

category: 長歌  1/2

-0006-

No image

旅すれば 路肩に震える木魚にも 水平線のぼやかしは 未来を指差して微笑む 君とわたしの愛欲を そのまま月夜に浮かべてください...

  •  0
  •  0

-0005-

No image

しとしとの雨や夜とかを抱きしめて 苦しむばかりのあなたさえ 日がな眺めておりました 月を見上げて教えてほしい...

  •  0
  •  0

-0004-

No image

‪微かだけ残り香のような風景を じっと見つめる眼差しをまた忘れてしまえば 灯りの下で風化せしめる 宿り木のよう‬...

  •  0
  •  0

-0003-

No image

珈琲の 香りも消え入る 春先の 花粉もろとも 吹き飛ばす 優雅な朝に 眠るのは 暁ばかりを 詠みかけようか...

  •  0
  •  0

-0002-

No image

この世界の どこかで笑う まぼろしは 駅舎の向こうに 立ちすくむ 月影のような 君がいて 夜の始めを ただ待ち侘びる...

  •  0
  •  0