〜揺られ揺られる、日々の思いを、君へ、あなたへ〜
FC2ブログ

category:   1/48

-妖怪の声がした-

No image

妖怪の声がする君は嘲笑った怒りの声がして優しさの声がして人間は人間であることを恐れるように妖怪の声をかき消した君が後ろを振り向いたそのとき誰かが呼んだ気がしたあたしが怒りをぶちまけたとき妖怪の声がしたかなしそうに泣いていた君が嘲笑ったそのとき妖怪の俯く姿が見えた気がした誰かが切り裂く金切り声で叫んだ申し訳なさそうな君は微笑んでいた妖怪は黙って眠るような夜で君は微笑んでいた微笑んでいた...

  •  0
  •  0

-いつもの風-

No image

雨の日も、風の日も太陽の日も、星空の日も真夏の空にも、真冬の夜にも相変わらずの風が吹くようにいつもの風をただ吹かせてくれよ...

  •  0
  •  0

-どこかの星-

No image

這いつくばって地獄耳を地面に押し当ててどうしようもないのに微笑んでそんな日々にそれでもただただ、あれですよえぇ、あれですどこかの夜空に光る星の一つや二つなんかはそのようなあたしを見ていてくれているのかしらどこかの夜の空のどこかに光っている星なんかは、君は...

  •  0
  •  0

-幻が見えたなら-

No image

幻が見えたならあなたは笑うだろうか幻が見えたなら君は泣くだろうか世界はとっても憂鬱でだけど、とっても優しくて人は、それを鏡だというけれどあなたは私の鏡だろうか君は僕の鏡だろうかそうだといいな時々そう思うことがあるそれは、例えばいつも磨いていれば、綺麗なのでしてそれは、例えば優しく微笑むことが、できるのでして人は、それを鏡だというそうだといいな、と思うのでしてもしも、幻が見えたならあたしは笑っていよ...

  •  0
  •  0

-愛を食べていたら-

No image

何となく、さみしくて愛を食べていたらただ、不愉快が愉快で愛を食べていたら信じてるとか、信じてないとか愛を食べていたらきっとこういう風に膨れ上がってしまうから忘れていたり、失くしていたり愛を食べていたら誰もいないような、いるような部屋で愛を食べていたらひとりじゃないとか、ひとりなんだとか愛を食べていたら多分おそらくはきっと膨れ上がってしまうから炭酸水を飲み干した...

  •  0
  •  0