〜あれから、いくつもの思いを重ねて。心より平穏を、小さな灯りを灯せますよう〜

短歌や詩、日々の可笑しみ

モノクローム文芸館

水たまり ふざけて跳ねて 泥しぶき 憎しみ一つ 弾いて消えた



スポンサーサイト
テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

思い出の 場面場面に 降る雨は 濡れた肩さえ 嬉しかったね



テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

朝の風
透き通るように

カーテンの向こうには
あの日の光

あどけない表情と
冷えきった言葉

もう二度と
戻らないのだろうか

夏が来たら
手紙を書こう

太陽の下で
手紙を書こう

もう一度
まばゆい朝が訪れるように

朝の光に
訪ねるように


テーマ : 自作詩    ジャンル : 小説・文学
  1. / trackback:0
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

信じるは 言うに易いが 難しき 神の名前を 頼りに思う



テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

水色の風に
染められた空

昨日より
少し優しくて

今日より
もっと優しくて

叶わない気持ちも
伝わった思いも

何もかも
水色の風に染められて

そんな明日を
誰よりも信じてる

水色の風吹く
二人の街
一緒に歩いた街


テーマ : 自作詩    ジャンル : 小説・文学
  1. / trackback:0
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

優しくて 冷たいけれど 優しくて 君の言葉の 冷たささえも



テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

前を行く 車の後に なぞらえて 列を乱さぬ ルールを好む



テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

風の人 木漏れ日の人 海の人 すれ違うかな 巡り会うかな
テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

ひとしきり泣いて
また夜が明けた

思い出を夢に見て
また朝が来た

カーテンの隙間から
光が届けられた

昨日までは
灰色だった部屋に
光が届けられた

それは
ただの「別れ」の言葉だったのに

僕にとっては
大切な光だった



テーマ : 自作詩    ジャンル : 小説・文学
  1. / trackback:0
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

気が付けば ツツジのように 燃えていた 紅い心も 暮れなずむ空



テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

静かな雨に濡れた時
思い出す春の日

傘から雨が滲みた時
思い出す夜の空

あなたの肩に雨粒が
私の肩に雨粒が

五月雨の中で
思い出す景色は
今日も優しかった
テーマ : 自作詩    ジャンル : 小説・文学
  1. / trackback:0
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

霧雨に かすんだ視界 帰り道 話題に変わり 空気も変わり



テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

階段を 降りる早さが 懐かしく 駆け降りてみて むなしい響き



テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

ため息は あなたのせいと 言いながら 二人の時には 見せない想い


テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

永遠の 終りが見えた 春の空 君の背中は 僕の永遠



テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

寂しさに
眠れない夜

君の影が
記憶をよぎる

懐かしさが
押し寄せる波のように

求めているものは
幸せ
優しさ
あたたかさ

違う
僕が求めているものは
矛盾
すれ違い
言い争い

そんな日々...

からからに渇いて
また夜が更けてゆく

テーマ : 自作詩    ジャンル : 小説・文学
  1. / trackback:0
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

そして
君は緩やかに立ち去った

心に小さな
波風を立てて

揺れる街並
ざわつく人並

雑踏を抜けて
君は立ち去った

僕は
すれ違いの

一人ぼっちの
夜を抱えていた

さっき
ため息は
陽炎となった

君が立ち去る
ほんの数秒前


テーマ : 自作詩    ジャンル : 小説・文学
  1. / trackback:0
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

モノクロ

Author:モノクロ
ふとした日々の、ふとした言葉。「モノクローム文芸館」です。


・ご意見ご感想もお待ちして居ります。
~モノクロ書簡~

月別アーカイブ

FC2カウンター

放射線量計

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

« 2006 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -