〜揺られ揺られる、日々の思いを、君へ、あなたへ〜

Archive: 2006年09月  1/1

66

No image

移り気な 心になれて 良かったな 一途に過ぎて 疲れたみたい...

  •  0
  •  0

65

No image

コーヒーを 飲めないあなた 思い出し ミルクを入れず 苦味を噛んだ...

  •  0
  •  0

64

No image

こう見れば 見えないと云ふ 輩ありて ならば見ずとも 見えると云わん...

  •  0
  •  0

63

No image

鈴虫が 秋の夜長を 長くする あしたの風は あした巡りし...

  •  0
  •  0

62

No image

鈴虫の 鳴きし夜更けに 耳澄ます 秋感傷の 音色のさみし...

  •  0
  •  0

61

No image

冷たきは 我の心か この夜か 漆黒の木々 街灯の白...

  •  0
  •  0

60

No image

茜色 夕暮れ時の 物憂げに 絡まるネオン 胸ざわついた...

  •  0
  •  0

59

No image

悲しみを しみじみ歌う 歌手がいて 俺の悲しみ 一円玉くらい...

  •  2
  •  0

58

No image

アパートの 汚れた壁に 照りつける 反射光さえ 眩しい憂鬱...

  •  0
  •  0

57

No image

さざれ雨 フロントガラスに 滲ませて 澄み渡る夜 凛とした街...

  •  2
  •  0

56

No image

行き止まり 歩いてみても 変わらない 遠い夜空に 沈んだ夕日...

  •  0
  •  0

55

No image

夕闇に 薄橙の 月を見て これが秋かと しみじみ思う...

  •  0
  •  0

54

No image

しっぽりと 秋の夜長に 語りたい 語るべき事 一つもあらず...

  •  0
  •  0

53

No image

賑やかに 緑を揺らす 一本樹 ただそれだけで 秋の訪れ...

  •  2
  •  0

52

No image

重ね合う 小さな手と手 思い出す 日暮れの秋は いつもの秋だ...

  •  0
  •  0

51

No image

秋風に 急いで羽織る カーディガン 茶化して笑う 君がいた夏...

  •  2
  •  0