〜揺られ揺られる、日々の思いを、君へ、あなたへ〜
FC2ブログ

Archive: 2007年11月  1/1

弐拾参

No image

追憶の 都想えば 人並に 苦労携え 浮き世の日暮れ...

  •  0
  •  0

弐拾二

No image

思い出に 無駄に感傷 重ねても あしたの予定 寝不足御免...

  •  0
  •  0

弐拾壱

No image

虎馬を 井川ゴジラと 掛けまして さてヤンキース 何と説く君...

  •  0
  •  0

弐拾

No image

トルストイ あなたが読んだ 本鋭い しかしながらも また寝落ちとは...

  •  0
  •  0

3.名曲に思ふこと

No image

ありがとう どうしたのなんて 歌うヒッキー しかし私の 心は光る幸せか 幸せだったか ケミ歌ひ 敢えてあなたに 幸せでしたか良かった事 だけ思ひ出す 夕刻は ミスチル満ちる 悲しき日暮れ...

  •  2
  •  0

十九

No image

時が経ち あの日を恥じる 吾在りて 空の青さに 強く律する...

  •  0
  •  0

十八

No image

人は何故 生きねばならぬと 問いかける 理由が無くちゃ 何もせぬのか...

  •  0
  •  0

十七

No image

左目と 悲し右脳に 響き無し 仕事置き間に ひとひらの葉々...

  •  0
  •  0

十六

No image

右腕と 左枕に 投げ入れば 肩関節の ハズレくじなりて...

  •  0
  •  0

十五

No image

Love is real 優しき歌は ジョンレノン 確かに世界を 変え得る心...

  •  0
  •  0

百年の孤独

No image

「友人に寄せて。。 また凡ての人に幸あらんことを願って。」 小鳥鳴き街が呟くカーテンを暖める灼熱の星吐息が白くなりそうな染み入る静謐「おはよう」の挨拶がくり返すことがよかったつまらない昼ドラみたいでよかった夕立が止み空が透き通る空気の音が胸を伝わって「またあした」なんて小学生みたいでよかった午後五時過ぎの教育テレビみたいでよかったオリオン座が笑ってた別れ話の続きが訊きたくて仲直りの朝焼けがなんかよ...

  •  0
  •  0