〜あれから、いくつもの思いを重ねて。心より平穏を、小さな灯りを灯せますよう〜

短歌や詩、日々の可笑しみ

モノクローム文芸館

失った あの日の空と 風の声 未来や今に 例えば"しるし"




スポンサーサイト
テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

片田舎 出来立てモールに 繰り出せば 果てなく続く 加奈ちゃんコント




テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

若緑 薄紅 ピンク 空の青 白い車と アパートの影




テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

現代の ムーランルージュで 口づけて 陽水も引く 冷たいキスで




テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌=題詠
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

伊賀流の 忍者も轟く 早業で 忍ばせたるは 数多百恋




テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌=題詠
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

情熱を 胸の谷間に 差し向けて 何を平和と 呼べるでしょうか




テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

しかしだな 善悪などは 蚊帳の外 誰かがそばに そばに居たなら




テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

あの人と 君と誰かと 今の僕 比べてみたら 星が綺麗だ




テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

詩や短歌、音楽は。
普段の暮らしの中で、直接的には活用出来ません。

例えば家族に向けて、また職場にて。
詩を読んだり、楽器を奏でるわけにはいきません。


ですが。
こと「笑い」に関しては、即戦力のコミュニケート手段たり得ます。


私は、これまでボケについてのみ考慮を重ねていました。

ところがどうですか。
真のコミュニケートの巧みは、ツッコミに在り。

やっと気付きました。


専門家への敬意を評して、技法には触れませんが。
目から鱗とは、まさにこのこと。

悩ましげな人間関係において、また一つ大人になっていけそうな発見でした。
テーマ : 物書きのひとりごと    ジャンル : 小説・文学
  1. 日々の雑記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

まだ少し 湯気冷めやらぬ 裏通り 東の空に 優しき茜




テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌=題詠
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

頬杖を 春の日射しに 寄せました 風、届けたる かほり仄かに




テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌=題詠
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

どうせなら 優しくしないで ほしかった 寒冷前線 西日の中で




テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

何が悲しくて
泣くんだろ

何が嬉しくて
笑うんだろ

どうして此処に
居るんだろ


分からないことが
あるんだろ

分からないことは
あるんだろ


いつもの声で

いつもの笑みで


やがて
光の中へ
落ちてゆくなら


溺れて闇に
咲けばいい

埋もれて闇に
咲くがいい


涙と笑顔と言の葉に


沈んで蔭の差し向かい

日向ひとりで
咲かばいい
テーマ : 自作詩    ジャンル : 小説・文学
  1. / trackback:0
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

DuskDusk
(1993/01/26)
The The

商品詳細を見る





中学時代に背伸びして聴いていた。。
否、聴こうとしていたが、そんなには聴いていなかったCDです。

それから。あれから。幾年。
The TheことマットジョンソンさんのCDは、ぽつぽつと買い集めています。

対訳とか、あんま読まないんですが。
真面目な。真摯な。音楽に共感します。

最後に只一つ。
アーティストの音楽です。



テーマ : お気に入り作品    ジャンル : 小説・文学
  1. お気に入り
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

戦って 平和を求めて 彷徨って みんな世界が 意外と好きで




テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

愛の冠を
孤独の上に

愛の杯を
争いの隣で

愛の言葉を
気持ちの後ろへ


いっそ
いっそ投げ捨てよう


愛の名の下に
壊されるものがあるなら

愛という偽りで
隠されるものがあるなら


愛の冠を
脱ぎ捨てよう

愛の杯を
酌み交わすまい

愛の言葉を
飲み込み賜う


愛を感じる全てを
愛を感じる全てへ


同じだけの温度で
少し少ないくらいの愛を唄おう




テーマ : 自作詩    ジャンル : 小説・文学
  1. / trackback:0
  2. / comment:1
  3. [ edit ]

この長い 旅のお供を 頼むなら きび団子では 済ませますまい




テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌=題詠
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

清らかな 消毒液を 透かし見て 君と私の 関係正せ




テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌=題詠
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

秘密基地 トラックの中 探してた あの日の夢が 滲む配送車




テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌=題詠
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

感動の あられも見えない エピローグ 名場面とか うそぶく岐路に




テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌=題詠
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

岸辺から 波立つ気配 あの頃の 二人の会話 さえずりに散る




テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌=題詠
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

よ~しよし よ~しよぉしよし よし用紙? FAX用紙が 見あたらねぇが




テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌=題詠
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

低脂肪 低タンパクに 低カロリー 低レベルねと 低い囁き




テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌=題詠
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

1レジの サッカー台に 寄りかかり うつつを抜かす 閉店間際




テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌=題詠
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

lonelyと 淡々歌う 方が居て 未だにこゝろ 共鳴しうる




テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

鳩胸を 鳩の手つきで 鳩の目で 鳩時計鳴り 鳩には在らず




テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌=題詠
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

豆腐好き 好きが嵩じて 発酵し ますます豆腐は 豆腐に在らず




テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌=題詠
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

集大成 最期の宴に 集まって 文学集に 集めたサイン




テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌=題詠
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

頭文字 KYよりも 空読と 文学的な 肯定論理




テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌=題詠
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

確率で 気持ちを測る 告白論 %より 予想屋に問う




  1. 短歌=題詠
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

モノクロ

Author:モノクロ
ふとした日々の、ふとした言葉。「モノクローム文芸館」です。


・ご意見ご感想もお待ちして居ります。
~モノクロ書簡~

天気予報

時刻

月別アーカイブ

バイオリズム

FC2カウンター

放射線量計

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

« 2008 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -