〜揺られ揺られる、日々の思いを、君へ、あなたへ〜

Archive: 2009年07月  1/1

-044-

No image

漆黒の吸い込まれそうな霧雨に心の隙間を濡らしてみたり...

  •  0
  •  0

-002-煙草とライター

僕の愛好していますセブンスターのブラックです。ただでさえボールペンで何とか描いたというのに、携帯カメラの画質が悪いという逆風でした。笑やっぱり久々だとロゴをきっちり描くのがしんどいですね。適当になってしまいます、、...

  •  0
  •  0

-題詠blog-

No image

昨年から、題詠blogという短歌マラソンに参加しています。二年目ということで、ある程度ルールを設けて取り組んでいるんですが、ここに来て、ものすごく不親切なあまり、始まりと終りのブログを読んでくれた方にしか、概要が伝わらないまま、過ぎて来ていることに、やっと気付きまして。笑今日の「056:アドレス」のお題からリンクを設けることに致しました;;;皆さん、ぜひ会場の方にも足を運んでみて下さい。笑あまりに、今更で...

  •  0
  •  0

056:アドレス(健太郎)

No image

あの頃の音信不通のアドレスも消せないでいる 消さないでいる題詠blog2009「056:アドレス」...

  •  0
  •  0

-043-

No image

鈍色と白の雲間に空色の光射したる日食後記...

  •  0
  •  0

055:式(健太郎)

No image

穏やかな紫式部の歌のように君の名前を吐息に似せつ...

  •  0
  •  0

054:首(健太郎)

No image

耳鳴りと首が回らなく寝違えて「疲れのせいよ」と髪を直してよ...

  •  0
  •  0

-朝もや-

No image

霧の薄明かりアズテックカメラと坂本龍一の音楽が朝を告げる仕事と雑務に追われた夜更け寝る前にはシルビアンを聴こう...

  •  0
  •  0

053:妊娠(健太郎)

No image

想像の避妊を広げて添いました妊娠しないで早二年半...

  •  0
  •  0

052:縄(健太郎)

No image

この両手 差し出す前に縄になる罪の意識を持たせておくれ...

  •  0
  •  0

-たとえば-

No image

例えばそこに明らかな悪があったとして例えばそこに明白な悪意があったとして射弾するのが正義なら兵役に出る未来しか映らない色々な事情があって僕はここにいる君はそこにいる...

  •  0
  •  0

-042-

No image

行きずりの同じ列車に揺れながら互いの旅に幸多からんこと...

  •  0
  •  0

051:言い訳

No image

下らない言い訳ばかり しみじみと懐かしくなる 優しくなれる...

  •  0
  •  0

050:災(健太郎)

No image

降り注ぐ災い転じて福となり七月迎えば夏服となりぬ...

  •  0
  •  0

049:ソムリエ

No image

ソムリエが大層無理選んでくれたワインのような華プロポーズ...

  •  0
  •  0

-041-

No image

例えれば 凍える冬の愛の歌熱帯夜から逃れる術は...

  •  0
  •  0

-七夕の夜に-

No image

七夕の夜に明日も会える僕らは何を思えばいい不真面目だから会えなくされたんじゃないのかいと思う僕は天の川を思う天の邪鬼明日また会えるように今度また会えるように僕らは今日の仕事をしよう明日もいつもの仕事をしよう...

  •  0
  •  0

雨の人

No image

知らない町に雨が降るあの人が来ると雨が降る暮れゆく町に虹が出るあの人が行くと雨が止むさうひう人に私はなりたひそう言う人に私はなりたい...

  •  2
  •  0

ろうそく灯り

No image

あの蝋燭が消えたら私は風になるそう話した次の瞬間蝋燭は消えたどこからか風が吹いてきたらしい私も次の瞬間誰かの蝋燭を消したのだろうか...

  •  0
  •  0

-リサイクル-

No image

先日から、少しずつ要らない服やCD、本、音響機材等を売却していまして。古着屋やハードオフ等に。まとまった金額に達しましたので、先日のキャサリンハムネットのTシャツを購入して来ました。普段、出さない金額もリサイクルという名目で、始めからいい洋服を買う為に貯めていたんです。要らないものを欲しいものに換える、物々交換のイメージで。笑またもう少し「思い入れがあるけど使わないもの」を売って貯めたら、違った感覚...

  •  0
  •  0