〜あれから、いくつもの思いを重ねて。心より平穏を、小さな灯りを灯せますよう〜

短歌や詩、日々の可笑しみ

モノクローム文芸館

停電で手信号になる町外れ
世界を繋ぐすべてのサイン



スポンサーサイト
テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

心では、いつでも思う

"ありがとう"

どうしてかしら 言葉に出来ない




テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

君が投げ付けた悲しい言葉に

君の悲しみを感じて

反論出来ない

しない


傷付ける言葉に

傷を感じて

斬り返せない

さない


君の正論が

やっぱり正しいとして


その向かいには

きちんと異論が在る


聞く耳を持たない

聞かない耳なら持っている

しっかり聞いている


愛することは

愛さないこと


優しさとは

優しくないこと


そうゆうご時世に

花束を捨てる



テーマ : 自作詩    ジャンル : 小説・文学
  1. / trackback:0
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

頑張れと背中を押して振り向けば
その手が巡り また我を押す


題詠blog2010「019:押」
テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌=題詠
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

ここ数日、ほんと暑い日が続きますね。

今年も夏という季節が到来された模様と。


とりあえず、僕の部屋にはエアコンというものが、ありませんで。

今年はまだ扇風機すら出さずに粘っています@


楽器の練習をするときは、窓も開けられませんので、温度と湿度が半端ない上昇して来まして。

先日は、数時間ぶっ通しで練習していましたら、その後テーブル上の漫画や書類が波打っていました。笑


加えて後日、布地の上に置いていたプリントした楽譜が、滲んで判別不能になるという事態も。。


何かと亜熱帯気候になりやすい、部屋の中であります。


来月始めにウッドベースソロのライブを控えていまして、猛特訓モードに切り替えて行こうかという日々でした。
テーマ : 物書きのひとりごと    ジャンル : 小説・文学
  1. 日々の雑記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

ひとしずく消えゆく夢を路地裏に
それでも溢れる東京ネオン


題詠blog2010「018:京」
テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌=題詠
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

一つ

二つ

流れ星が消える


今日もまた

願い事は言えなかった


君に聞かれるとマズいから

いつも本当のことは

言えないままに


思っただけで伝わってしまう

想いを守ること


いつかきっと

ペルセウス座の光る夜


君の瞳が

離れてしまう前に


白銀の馬車に乗って

迎えに行くよ


流星の彼方へ



テーマ : 自作詩    ジャンル : 小説・文学
  1. / trackback:0
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

白茶けた駅舎に降りる子らを見て
もう中学生 まだ三十年



テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

夏の音色に

トライアングルを聴いて


行き交う車に

コントラバスを聴いて


タクトを振るう星空が

今日も誰かに悪戯をする



悲しいなら

悲しい人を思う


苦しいなら

苦しい人を思う


思った分だけ

こころ広がる



テーマ : 自作詩    ジャンル : 小説・文学
  1. / trackback:0
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

目の前の幸せも

優しい君も


暖かい温もりも

心触れ合うあなたも



誰一人愛せなくても


生きている



何一つ愛せなくても


生きていく
テーマ : 自作詩    ジャンル : 小説・文学
  1. / trackback:0
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

調べの調べ

ホワイト過ぎる余白

風の便りが届きます

噂をしている噂をしている

ブラックジョークで切り返すくらい

記憶と希望の二等辺三角形




布団から始まる物語




そうだ

寝過ごした瞬間から

僕らは主役だ
テーマ : 自作詩    ジャンル : 小説・文学
  1. / trackback:0
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

カオナシに風の便りを盗まれて
最高裁も占い訊いた



テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

思うなら思いを思う思い出に
いざ駆け抜けん霧雨の朝



テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

日和見の平和の種も最近じゃ
悪意に塗られ、ますます元気



題詠blog2010「017:最近」
テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌=題詠
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

真夜中の憂鬱

世界のすべてが敵だった日の夜のこと


そこで争いが起こらなかった平和のこと


君が笑っている

君が分かっている


僕が若さを語っている


思春期のような悩みごとを

バカに平和過ぎる不安を


笑うことを笑うこと


君が敵だった妄想を


味方が居る

その妄想を


百円で買いたい
テーマ : 自作詩    ジャンル : 小説・文学
  1. / trackback:0
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

綺麗だね 君が一言つぶやけば
何気ない絵も名作となる



テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

こうしてさ日々を何気に暮らしてる
きっとそうだろ似たよな夜明け




テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

永遠を閉じ込めている博物館
仕事積み上げ職員は寝る



題詠blog2010「016:館」
テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌=題詠
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

モノクロ

Author:モノクロ
ふとした日々の、ふとした言葉。「モノクローム文芸館」です。


・ご意見ご感想もお待ちして居ります。
~モノクロ書簡~

天気予報

時刻

月別アーカイブ

バイオリズム

FC2カウンター

放射線量計

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

« 2010 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31