〜あれから、いくつもの思いを重ねて。心より平穏を、小さな灯りを灯せますよう〜

短歌や詩、日々の可笑しみ

モノクローム文芸館

詩を書いてくれと言われた


分かった明日までに書く


そう言って数週間、数ヶ月の時が流れた



半年後だろうか


電話が鳴った



トラック事故に巻き込まれたと



僕は詩を書いた


彼の耳には届かない詩を



返信をしていないことに気付いて


返信をした



忘れ物ばかりを探して



失くしたものばかりを愛おしんで




そうして、数日が過ぎたころ



彼女の横顔が


窓の外を眺めていた



僕は詩を書いた
スポンサーサイト
テーマ : 自作詩    ジャンル : 小説・文学
  1. / trackback:0
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

今日は、僕の青春時代を代表するアーティストのグラフィティ。

僕が18才の頃に描いたデッサンです。


一枚目、X JAPANのhideさん。ソロデビューの頃。

hide01.jpg

二枚目、L'Arc~en~Cielでbassを弾いているtetsuさん。まだ髪が長くて中性的な頃。

tetsu01.jpg

三枚目、現在も著名な河村隆一さん。まだLuna SeaでRyuichiとしてvocalを担当していた若い頃の隆一さん。

Ryuichi01.jpg

荒削りなデッサンですが、大好きなものを描いている充実感が、あるような無いような。ま、多分、無いよな。笑

なんか絵画展のために色々、昔のもんを探してたら出て来たから、日の目を見せてあげました。当時、他人に見せるとは思いもしなかったデッサンたちです。
テーマ : art・芸術・美術    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. 絵画
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

教育スケッチブック (バウハウス叢書)教育スケッチブック (バウハウス叢書)
(1991/03)
パウル クレー

商品詳細を見る



モダンアート界で、幾何学アートを得意とした画家「パウル・クレー」による、実際の講義授業を本にした書です。

造形や色彩に対する基礎知識が、分かりやすく解説されています。

主に、色彩よりも造形に頁を割いているので、自分の制作に活かせると思い購入しました。

構図を作るために参考になる知識が多く、非常に実り在る買い物でした。

構図や色彩を非常に大切にしていた著者であるから、これからの創作にグッと意識が高まり、楽しみになって来ました。
テーマ : レビュー    ジャンル : 小説・文学
  1. お気に入り
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

最終日は、疲労も蓄積されていましたので、
ホテルから帰宅へ直行。


友人を送迎しながら、帰宅。


帰宅後、寝て起きて寝て。


パソコンを眺めながら過ごしております本日です。
テーマ : 物書きのひとりごと    ジャンル : 小説・文学
  1. 日々の雑記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

三日目は、朝から赤レンガの二号館へ行き、

職場や家族、友人へのお土産を購入。


手早く済ませて、会場へ。


昼前には、親戚の方々と母親が来場。


そんな中にも、周りの出展者と交流しながら。


すると、、

昨日、絶賛して頂いた初老の方が、
プレゼントを片手に僕に会いに来て下さりました。

お菓子を頂きました。


昼過ぎには、友人たち。

古い友人とは少し立ち話。


カメラに収めて頂きました。


その後、夜のパーティにお供して下さる友人と合流。

出展祝いのお花を頂き、ブースに飾らせて頂くことに。



ホテルに戻ってから、夜はパーティへ。


2011:9:16:夜景05

夜の入り口はこんな感じ。

2011:9:16:夜景04

また、少し交流をしながら、
ほどなくホテルへ。


パーティでも、飲んでいましたけど、
ホテルで飲み直し。


夜更け三時頃まで、語り明かしました。


2011:9:16:夜景14


夜明けの街。


2011:9:16夜景02


寝たり起きたり、三日目も更けていく。
テーマ : 物書きのひとりごと    ジャンル : 小説・文学
  1. 日々の雑記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

二日目は、朝から会場へ。


2011:9:16:赤レンカ#12441;03


慣れない在廊。うまくお客さんに声をかけられず。


唯一、話し込んだ初老の方。

「ここだけ、横浜トリエンナーレかと思ったよ」

お世辞でも嬉しい。

「いつか上野の国立美術館で君のこの絵を見たいねぇ」

ますます嬉しい。


オススメの書籍を教えて頂き、速攻メモ。

帰宅後、検索して探しましょ。


と、そんな最中、足がひっかかるな、と思ったら。

靴が、、、

2011:9:16:靴01

ホテル近くの百円ショップで接着剤を購入し、速攻、直しました。


その後、地元の楽器店から、横浜へ赴任されたスタッフのお店へ。

久々の再会。



記念に音楽理論書を購入。



2011:9:16:夜景08


もう一度、会場へ行った帰り道。


2011:9:16:夜景12

ホテルの窓から。


またまた少し仕事をして、二日目も終了。
テーマ : 物書きのひとりごと    ジャンル : 小説・文学
  1. 日々の雑記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

朝も早よから、棚卸しに応援業務。

店舗スタッフ四名で、他店へ応援。


一つの車に乗り合わせて。


夕方過ぎに仕事も終り、
帰宅後、夕食を取り、横浜へ出発。


夕方の若干混んだ道を国道を延々南下。


迷うこともなく、
六号国道から、日本橋で四号へ合流し、
四号沿いに左折したら、
四号が15号に切り替わり、
そのまま、銀座、品川、川崎、横浜、
一本道です。


日付変更の時間帯に到着。


ホテル側のご好意により、
海側の部屋を案内して頂きました。


2011:9:15:夜景01

まずは写真を。

2011:9:15:夜景02

到着後すぐに観覧車は点灯が消えてしまいました。

2011:9:15:夜景03

深夜帯の深い闇です。

2011:9:15:夜景04

とりあえず、持参した仕事を少し片付けたら、

タバコとコーヒーでくつろいだ後、就寝。


初日は、何もせずに終了。
テーマ : 物書きのひとりごと    ジャンル : 小説・文学
  1. 日々の雑記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

今日は、横浜へ日帰り。

作品を展示して来ました。


道具も色々用意して、全部、自分で行うシステム。


一時間ちょいで終わりました。


結構いい感じに展示出来たと思う。

我ながらです。


帰りは、道に迷って。迷って。

諦めて、埼玉から帰って来ました。


どこだか分からん都市だけど、

大都会があったよ。


横浜より。東京より。

埼玉って都会、と思ってしまった。


近未来的な風景に出会って。

デジカメで映しておけばよかった、と後悔しました。


あの風景は忘れないだろうな。レンズも通していないから、余計に。


普段、仕事だ何だと外にばかり居ても、内面的な引きこもりみたいな生活してるから、今回の旅行は、オープンにいたいなぁ。いれるかなぁ。ないかなー。ないよなー。



フジファブリックとゴーイングアンダーグラウンドが頭ん中エンドレスで流れている今日この頃です。
テーマ : 物書きのひとりごと    ジャンル : 小説・文学
  1. 日々の雑記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

本日、絵画展、詳細でございます。


2011年9月14日(水)~20日(火)

~~「chips2011」~~

◇会場
横浜赤レンガ倉庫1号館 2F スペースA・B・C (各186m²)

〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港1-1
http://www.yokohama-akarenga.jp/


◇展示期間
2011年9月14日(水)~20日(火)
10:00~20:00 (17日(土)、20日(火)は17:00まで)
入場無料
※入場は閉場の30分前まで


◇パーティ 2011年9月17日(土) 18:30~20:30
ケータリング、ライブ演奏、ダンスパフォーマンス、ライブペイントなどを予定。
参加費2,500円

◇ワークショップ 2011年9月17日(土) ~2011年9月19日(月)午前の部11:00~, 午後の部15:00
参加費500円~1,000円



僕は、15日の夜に横浜入りし、16日17日と会場にいる予定です。


更に、詳細を。


作品タイトル。

渦巻き07「三日月・恋」
渦巻き08「陰口・火の無いところに煙は立つように」
渦巻き09「オセロ・白の正義、黒の正義」
渦巻き10「災害・人間の愚かさを称えるピラミッド」
渦巻き11「チェス・争い」
渦巻き12「四角四面・No Joke」
渦巻き13「小宇宙・生きる」


以上、七作品を出展します。



本日は、折しも、
9.11から丸10年、かの震災より丸半年。


僕の制作活動の一つの区切りとして、
普段、僕の頭ん中を支配していることが、そのまま作品になっていると思います。


音楽や文学で、いやっちゅうほど形にならなかった想いが、
あまりにもすんなり表現出来たアートワーク。


これからの未来へ、
繋いでいけますよう希望のアート、
皆さま、ぜひお誘い合わせの上、遊びにいらして下さい。
テーマ : 物書きのひとりごと    ジャンル : 小説・文学
  1. 日々の雑記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

本日未明、、全作品筆入れ終了。


あとは、画像を残しつつ、仕上げの額入れ。

明日朝起きて、早くには終わるだろうな。


そしたら、まずはがっつり仕事をこなしながら、

世間のオープン10時を目安に買い出し。


展示用の小物関係と、旅行グッズ。

旅行自体、何年ぶりか分からないから、コスメ関係から、あと現地の地図とかね。


そこら辺は、午前中をメドに、午後からはまた仕事。


ライティング業務は可能な限りペース上げておきたいもの。

アート展、終わったあとに風邪でも引いたら、仕事辛いしね。


あとは、音楽関係もぐっと力が入って来たから、制作も午後から進めたい。



、、と、こうやっていつも前日に休みの予定を立てるのだが、

半分くらいしか出来ないのである。笑



どうせ半分しか出来ないなら、始めから無謀でも臨んでやるさ。。そうするさ。
テーマ : 物書きのひとりごと    ジャンル : 小説・文学
  1. 日々の雑記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

今日は、仕事前にホームセンターへ買い出し。

先日の美術館を参考に、絵の表面にアクリル板を貼ることに。


、、と思いつつも、アクリル板はちょい高価ということが判明。


ということで、塩ビ板に変更。薄さも厚すぎず丁度いい。


先日、加工してもらったベニヤ板と同じサイズで加工してもらう。


帰宅後、早速、制作。


まず、ベニヤ板。

場所を定めて、キリで穴を開ける。慣れている作業なので、ラクラク。

DSCN2005_convert_20110907003455.jpg

続いて、こんな道具を前もって購入していたので、、

DSCN2006_convert_20110907003549.jpg

これを使って、金具をはめる。

DSCN2008_convert_20110907003757.jpg

革用の道具ですので、上手に使わないと難しいかも、、と話していた店員さんに自慢したいほど綺麗な出来。

その後、両面テープで塩ビ板を、ベニヤ板との間に絵を挟むように貼付ける。

DSCN2010_convert_20110907003829.jpg

両サイドを縦向きに固定。

DSCN2011_convert_20110907003904.jpg

先ほどの穴に合わせて、塩ビ板にも穴を開ける。

でも、この穴は、以降の作品には必要ないかも。

隙間がゆるいから、ここには開けなくても展示出来そうです。

DSCN2012_convert_20110907003937.jpg

以上で、出展用の絵画、一点完成。

DSCN2013_convert_20110907004006.jpg

やっぱし想像通り、塩ビ板で、高級感が出て来た感じ。


こんな感じで他の作品も着々と仕上げています。


こんだけの費用をかけても、額を買うよりは、まだ若干安上がり。

気に入った額を探すのは難しいけど、自分の理想通りに仕上げることが出来て、これで正解かな。結果論。


記録として、またこれから絵の展示をしようと検索している方へも込めて、足跡を残してみました。
テーマ : 物書きのひとりごと    ジャンル : 小説・文学
  1. 日々の雑記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

朝もやの
闇、駆け抜ける
数秒間

手を振りながら
追いかける蟹



テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌=題詠
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

寒いやね
まだまだ秋も
来んとにね

ほら気が付いた
君から君へ



テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌=題詠
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

雨だれに濡れる

心、薄紅


記憶を辿ると


感傷的な景色

ショパンの調べ


信じることを失った

哀しい日暮れ


透明なものすべて

色を染める仕事


人生の終りを

季節の変わり目

移り行くたびに思うのさ


感動的なシネマティック

哀しみは少ない方がいい


方がいいから

二秒間だけ見つめ合う


おやすみ

おやすみなさい


夜、せせらぎの中
テーマ : 自作詩    ジャンル : 小説・文学
  1. / trackback:0
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

県南から、千葉へ上陸。


ふらふら彷徨いながら、

「DIC川村記念美術館」という場所へ辿り着く。



DSCN2003_convert_20110904235937.jpg


何かの記念美術館かと思ったら、

普通にモネとかルノワールとか、そうゆう感じ。


加えて、現代アートも展示。


古典と現代アート、併設して展示してるのは、珍しい気がする。


周りが運動公園になっていて、

散歩がてらぐるぐる。


緑が多いと、風邪も忘れるのね。

追い込み制作の気分転換によい一日だったのよ。
テーマ : 物書きのひとりごと    ジャンル : 小説・文学
  1. 日々の雑記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

モノクロ

Author:モノクロ
ふとした日々の、ふとした言葉。「モノクローム文芸館」です。


・ご意見ご感想もお待ちして居ります。
~モノクロ書簡~

天気予報

時刻

月別アーカイブ

バイオリズム

FC2カウンター

放射線量計

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

« 2011 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -