〜あれから、いくつもの思いを重ねて。心より平穏を、小さな灯りを灯せますよう〜

短歌や詩、日々の可笑しみ

モノクローム文芸館

陰口が陰で言われるものなら、

日向口を言われるのかな。


ま、それがいやなら、

ブログも書かないし、

音楽や絵を人様に見せたりもしない訳で。


接客やめて、無人島にでも行った方が良いのでして。


明日は何を言われるかな*わくわく*


そんときは凹むけど、過去の日向口が全部なかったら、

今日の日記も書けないしね。


いーことばっかじゃないけど、良いじゃんさ。
スポンサーサイト
テーマ : 物書きのひとりごと    ジャンル : 小説・文学
  1. 日々の雑記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

最近のお気に入り。

午後の紅茶「ヘルシーミルクティ」


何が良いって、

お洒落なデザイン。


それに尽きる。


ま、味なんて分からんのですよ。


午後の紅茶ミルクティ


素敵です、ベージュにピンク。

ルックスって大事ですよ。


料理は味だ、とか、

人間は中身だ、とかいきり立っても、

ま、見た目は大事なんですね。


と言うブログを書くために、

飲み干してしまったペットボトルでは見栄えがしないので、

中身は自分で入れたミルクティです。^^


この写真の中身が空だったら、

この感じは出ない訳で、

ま、つまり見た目は大事なんですよ。笑
テーマ : 物書きのひとりごと    ジャンル : 小説・文学
  1. 日々の雑記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

消えそうなくらい果敢なくて

見えそうなくらい透明な



壊れそうなくらい凛々しくて

崩れそうなくらい華々しい



愛と呼べば煙たくて

恋と呼べば甘すぎる



そんな物語を

例えば、綴れる一日を



"おやすみ"って閉じること

"おはよう"と言って開けること
テーマ : 自作詩    ジャンル : 小説・文学
  1. / trackback:0
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

絵画展へ出展する絵画、

エスキスを作り、方向性を定めているところ、

空と富士

こちらが今回のモチーフ、

「赤富士」を反転し、色相を変えた絵画、

富士03

こちらは手のひらサイズのエスキス、

モチーフ画です。


こうして見ると、

方向性や狙いは、悪くないかな。


これを、大きなサイズへ写し、

色相やタッチも練りながら、

方向性を固めて行こうと思う。
テーマ : 物書きのひとりごと    ジャンル : 小説・文学
  1. 日々の雑記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

先日、イヤホンを購入しました。


DENONのイヤホン、

地元じゃあんま売ってないんですけど、

ヤマダ電機にあるのを知ってたから、

機を伺っていたのですが。


もはやipodがipodの音じゃありません。笑


僕はPCスピーカーもDENONを使用していて、

いい音だなぁと思っていたので。


音キチと言えるほどのマニアではありませんが、

それでも、PCスピーカーとして何故か5chスピーカー、、


休日の昼間に、

部屋を音で埋め尽くす快感。


今は、メインの2chステレオ二台だけ、

DENONの上位機種への交換を狙っています。


いい音を聴かないといい音楽は作れない。


仕事のため、とか言ってみたり。。
テーマ : 物書きのひとりごと    ジャンル : 小説・文学
  1. 日々の雑記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

山水思想―「負」の想像力 (ちくま学芸文庫)山水思想―「負」の想像力 (ちくま学芸文庫)
(2008/04/09)
松岡 正剛

商品詳細を見る



雪舟から等伯へ、

中国から伝達され、独自の文化を築いて来た日本画の歴史書。

仏画や水墨画の歴史も辿っています。


私が今後の制作に、

また現在の制作に活かせるところ、


それは、日本が独自に、

日本の風土や国民性故に生まれて来た「空白」の美学。


それは、私の大好きな絵画であるセザンヌの水彩の見所とも重なって来ます。


セザンヌは油絵では、強く塗込めた技法を多用しますが、

水彩では、余白を活かした最小限のタッチだけで空間や質感を表現する、

「画面の大半が余白」であるような日本的な表現をしています。


元来そうゆう絵画を好む性質故に、

これから制作予定の水彩画では、

余白を美しく絵画の一部として魅せるような、

玄人好みの味わい深い一枚を描き上げたいと思います。


ま、目標ですから、何とでも言えますよね。^^


玄人好みと言うより、素人騙しの絵画になるかも分からないですが。笑
テーマ : レビュー    ジャンル : 小説・文学
  1. お気に入り
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

見上げればビルの狭間に降りる雪
歳を重ねて大人びた街



テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

二十代の半ばより、モノクロさんとしてブログを始め、

なにゆえかに短歌を綴っておりますが、


この度「第3回桧原桜賞」という短歌賞に入選しました*

「第3回桧原桜賞」


また次は、どこかで入賞出来るよう精進します。

もっともっと素敵な作品を作り続けられたらと思っています。
テーマ : 物書きのひとりごと    ジャンル : 小説・文学
  1. 日々の雑記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

土曜日は、知人の舞台を観劇に。

処は、麻布十番なり。


FUNKY HONEY VOL.9「リボン」


リボンとリボンで繋がる響き。


帰りは迷いに迷ってディズニーランドへ行きかけた。笑

ま、この迷い方は史上最強の迷い道でした。


ゆっくりロングドライブ。


ご縁とご縁に結ばれて、

素敵な方々に囲まれて暮らせること、

仕事が出来ること、

それが何よりの仕合わせです。



Reborn / syrup16g
テーマ : 物書きのひとりごと    ジャンル : 小説・文学
  1. 日々の雑記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

冬の匂いがして

窓を開けたら


秋が終わっていた


春の香りがして

カーテンを開けたら


うぐいすが鳴いていた


恋の予感がして

心を開けたら


君が笑っていた


雨の雰囲気がして

傘を開けたら


君に笑われてしまった
テーマ : 自作詩    ジャンル : 小説・文学
  1. / trackback:0
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

壊れやすくて

心許なくて


ひとこと言えば

ゆらゆら揺れる


晴れの日には

太陽のように


雨の日には

雨粒のように


体温のように

馴染んでしまう


空白のときは

白い粉雪のように
テーマ : 自作詩    ジャンル : 小説・文学
  1. / trackback:0
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

かじかんだ手のひらだけじゃ埋まらない
数式よりも難しい問い



テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

笑われないように気を付けて、笑われないで生きる。


笑われても表情一つ変えないで、志しを持って生きる。


私は後者がいいかな。
テーマ : 物書きのひとりごと    ジャンル : 小説・文学
  1. 日々の雑記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

北原白秋さんの詩集を購入。


以前、購入していた短歌集も再読。


なんか昔読んだときは分からない感じが多かったけど、

詩集もすんなり入って来る。


だてに年齢を重ねていないのかしら、

と嬉しくもあります。


詩集は素敵で、

半分勉強に買ったけど、

やっぱ創作の原点は、他人の作品、

特にまた、大きく評価されている作品に触れることは、

どんな理論書や啓発書よりも、

大きく無数に多くのことを教えてくれます。
テーマ : 物書きのひとりごと    ジャンル : 小説・文学
  1. 日々の雑記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

先日、映画を二本。


「Dolls」と「WALL.E」


どちらも素敵でした。

ま、自分で選んだので手前味噌ですが、、


なぜか終始、人工知能について、

ウダウダと御託を並べていました。。反省。。


次の日に仕事で、色々と調べながら「人工知能」について、まとめましたので、

もし興味のある方は、ご一報下さい。笑


日々、記録として日記に残す大切さを感じ、

先日の日記を書いてみました。。
テーマ : 物書きのひとりごと    ジャンル : 小説・文学
  1. 日々の雑記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

モノクロ

Author:モノクロ
ふとした日々の、ふとした言葉。「モノクローム文芸館」です。


・ご意見ご感想もお待ちして居ります。
~モノクロ書簡~

月別アーカイブ

FC2カウンター

放射線量計

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

« 2012 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -