〜あれから、いくつもの思いを重ねて。心より平穏を、小さな灯りを灯せますよう〜

短歌や詩、日々の可笑しみ

モノクローム文芸館

微笑みをそよぐ風間に偲ばせて
空を仰げば届けよ光り



スポンサーサイト
テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:1
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

音楽なんて、何の価値も無い、何の意味も無い、


とは、思っていませんし、

そう言ってしまったら、例えば誰かを傷付けてしまうとも思っていますが、


でも仮に、そう言われてしまったら、


お前は、音楽なんて作ってるけど、

そんなん無価値だよ、、とな、


そうゆうときの、言い訳、屁理屈、反論の名案が思い浮かびました、笑


お前には無価値かもしれんが、

私には、少なくとも多少の収入になるくらいの価値はあるから、いーよ別に、


例えばそれが無くても、

「たかが音楽」を通して、これだけ沢山の仲間に出逢えたさ、


こっちのが強いかな、うん、


まぁ価値観なんて人それぞれですし、


だから何よ、って言われても、

ま、お互いさまですわな、そーゆーもんは、


人は鏡の、合わせ鏡、だよな、

自分が映っとるんさね、
テーマ : 物書きのひとりごと    ジャンル : 小説・文学
  1. 日々の雑記
  2. / trackback:1
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

今週の土日は、「ビエンナーレうしく」の公開審査でした、


金曜の夜から、県南へ前乗り、

一次審査で、あえなく落選、


報告しながら、励ましてもらう昼食どき、


帰り道に、中古レコード屋へ、

セルジュ・ゲンスブールのCDを初購入、


ジェーン・バーキンの前の旦那さんです、


そして、再び茨城空港、

見れず、軽く食事、&カフェラテ、


そして、本日、

落選した絵画の搬出、


一緒に来てくれて、励みの日々、


とまぁ、これはこれで、良かったのかな、


少し凹むくらいで丁度いいでしょう、


もっと努力しないと、

そう思えて、良かった、


天才じゃないから、

もっと頑張らないといけないよね、


そして、二日間のときを、


隣で励ましてくれる人の有り難みを、

しみじみと感じ入ること、


ただ、黙って傍らに居てくれたこと、


落胆で言葉も少ないなかで、

問うでも励ますでもなく、


傍らに居てくれて、良かった、


帰りに両親へお土産を買って、


いつも通り、

スーパーでもコンビニでも、バカにされて、


いつも通り、

笑われながら、見下されながら、


でも、仕合わせを合わせてくれて、

それでいいと思えた、そう思えます、
テーマ : 物書きのひとりごと    ジャンル : 小説・文学
  1. 日々の雑記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

仕事の休憩から上がるとき、


トイレに寄ってから、いざレジへ、


と思ったら、トイレで後ろからお客さんが、


ボックスへ入るなり、こちらへ向かうこと、二秒半、


「和式かい、わしゃ洋式でないと、腰が悪いんじゃ、、etc、、くどくど、くどくど」


用を足しながら、


「申し訳ありません、、×2」横顔で平謝り、


なんじゃこの図式、、コントだわ、


や、トイレにもよう入れんのか、サービス業は、、


だが、もう弱みは見せられん、


と言うことで、のちは最上級の接客、


「また来るわ」と言って頂きましたよ、
テーマ : 物書きのひとりごと    ジャンル : 小説・文学
  1. 日々の雑記
  2. / trackback:1
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

同じ時間を、同じ星の下、

同じ夜を歌う人が通り過ぎて、


そうゆうことをくり返して、

様々な方々と出会い、離れ、


仲間もライバルも友人も、ただの知り合いも、顔見知りも、


あれから、七年か、八年か、


磯山純さんと言う方のCDを注文しました。


私のことなど覚えてもいないでしょうが、

ま、覚えていたとて、思い出したくもないような気もしつつ、


と言うことで、

素敵な歌を歌っていることは事実ですので、


また、新曲を聴けるのは嬉しいですね、


ものすごく日陰ながら、応援しています、
テーマ : 物書きのひとりごと    ジャンル : 小説・文学
  1. 日々の雑記
  2. / trackback:1
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

九拾の嘘と弐佰の偽りを
ドメスティックなナイフで殺せ



テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:1
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

こんにちは、

今日から少し日本語について、

たまにお話を出来たらと思います。


今日は、日本語の発声について、


外国人の発音がうまくいかない理由もここにあります。


最も基本となる部分、それは、

日本語の発音とローマ字の発音は異なります。


鼻濁音などは普通のローマ字では表せません。


私は研究者ではないので、詳しく表すことは出来ませんが、

例えば「す」の発音は「su」ではなく「s」や「th」である場合が見受けられます。


また「ら」行を交えた言葉も「R」や「L」などが複雑に絡み合っています。


全く答えが出ていない記事ですが、

この辺りを少し突っ込んでみると、

日本語の歴史記録や、外国への日本語文化の輸出にも、

より具体性が出て来るような気がします。
テーマ : 物書きのひとりごと    ジャンル : 小説・文学
  1. 日本語について
  2. / trackback:1
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

頬に触れる

心なしか優しい雨粒


止まない雨は無い

そう言われて久しいけれども


上がる気配は無い

きっと永遠に


降り続ける雨の中


永遠に、降り止まぬ雨

そう、降り止まぬ雨に打たれて


例えば、何を想うだろう


明日は晴れるよ

そんな気休めは要らない


だって晴れないんだもの


雨はいつか上がるけど

それは心の外のお話


心に、ひたひたと

心を、じくじくと


そうして痛み付ける雨の傷跡は


永遠に降り止まぬ雨の中


また会える日に

またこうして逢える日に


"ありがとう"を伝えて


微笑み交わす夜を越え

そっと寄り添う朝を迎えたら


優しい雨の中


"またね"って笑い合える


この胸に、温かい雨

そう、温かい雨が沁み渡り



テーマ : 自作詩    ジャンル : 小説・文学
  1. 日々の雑記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

先日、プラモデルを着色してみました。


生まれて初めての体験。


こちらがbefore、、

白サ#12441;クbefore



そして、after、、

白サ#12441;ク_ヘ#12442;イント


結構、本格的に行いました。


ですが、エアブラシなどは使用せず、

と言うか、買う余裕が無いだけなのですが、


ラッカースプレーで染めて、油絵のオイルで、脱色しながら、染めて行きました。

すべて持っている道具で出来たらいいなと。


拡大して見たら、意外と染め込んでいるのが分かるかも知れません。


次回作は、もっとより本格的な作品を作りたいですね。
テーマ : 物書きのひとりごと    ジャンル : 小説・文学
  1. 日々の雑記
  2. / trackback:1
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

誕生日を迎えました。


あれですわね、32回目っちゅうやつです、おじさん街道だけど、どちらかと言えば、おじさまって言われるようになりたいな。笑


ケーキ0511_02


頑張らないとね。


牛久に絵画を搬入して来ました。昨日から搬入って書こうとする度に、ミスタッチで「はにゅう」になってしまうのよね。

うしく搬入0512



素敵なおばさま、おばあさま(?)がめっちゃレベル高い絵画を持っていて、ちょいひるんだよ。こんなレベルでいーのか自分って。


「中島みゆき」の映画を観て来ました。



でも今日は早起きして、作曲のお仕事です。


今からまた制作に戻ります。



今度の音楽祭への応募は、上り詰めれば世界大会への切符になる。頑張ろう。



本当に感謝します日々。


=ありがとう=
テーマ : 物書きのひとりごと    ジャンル : 小説・文学
  1. 日々の雑記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

私が世界で最も素敵だと感じている水彩画、

セザンヌの「果物のある静物画」

セサ#12441;ンヌ_水彩_静物

この手数の少なさ、

その的確な描写、

そして浮き上がる立体感、

まさに一級品です。

コ#12441;ッホ北斎

そして、私はこの二冊を参考書として、

昨日より、水彩画の仕上げ。

近代美術館0508

「小川芋銭展」も参考になりました。

うしく完成、一服

夕刻に完成して一服。

薄墨の富士_0508_02

こんな感じ。

実物はB1サイズなので、意外と細かいかもです。

写真よりはマシ、と言う程度の出来、でも今現在の自分の実力は全部出し切った。

あとは、天命を待つのみ。

セザンヌには遠く及ばないけれど、

でもだからこそ、向上心を持てるし、鍛錬出来ると言うもの。

まだ結果は分からないけど、目先はもう次へ向かっている。

明日からは作曲家に戻ります。

第37回わたぼうし音楽祭

もうメロディとコード感、イメージは出来てるから、あとは形にするのみ、

さて寝よう。
テーマ : 物書きのひとりごと    ジャンル : 小説・文学
  1. 日々の雑記
  2. / trackback:1
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

朝、カーテンを開けると

いつもと変わらない一日が始まる


そんな朝を何度迎えたことだろう


嘘をついて

夜通し車を走らせた


左を向けば

左には何も無いよ、と言われ


右を向けば

右を見てるよ、と笑われ


前に進めば

自分ばっか進みやがって、と罵られ


後ろへ戻れば

昔は良かったね、と冷やかされ


それでも歩み続ける、一歩、

その一歩


昨日のコンパを批評してる時間にも

来週のスキーの場所を見取っている時間にも


こうして歩み続ける、一歩、

そして一歩


手に入れたものさえ

下らないと見下され


実る成果の一つ一つを

運だ偶然だ才能だと見放され


それでも歩み続けるその一歩、

そしてその一歩が、


あなたを象る大切な証


世間も社会も人間も他人も友人も家族も

誰一人として見ていない


その一歩、一歩が、

大切な道のりで、道程で、


それはあなたの未来へと続いている

例えば私とあなたの未来


そんな未来へと続いている
テーマ : 自作詩    ジャンル : 小説・文学
  1. / trackback:1
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

お風呂に入ったあと、

またジーンズと洋服に着替えると、

仕事へのモチベーションが下がらないことに気付いた。


部屋着は仕事へのモチベーションをがた下げするね、やっぱし。


外出用のお洒落ジャージに着替えたら、

まだまだ仕事終わったら街へ出ちゃうぜ!的な、

圧倒的な外向性を維持出来るみたい。


だからと言って、

だらだら仕事もせずにこうしてブログなど書いて居るのですが、、


ま、やるときゃやるよ。今までだってそうして来たさね。


苦しくて苦しいときに、

その人間の本質が見えるのはね、


自分もうダメかも、、と思ったときに、

誰かに手を伸べることが出来るか、


それっしょ、結局は、


赤い糸は、赤の他人と繋がってるのよ、そうね、これも発見、、
テーマ : 物書きのひとりごと    ジャンル : 小説・文学
  1. 日々の雑記
  2. / trackback:1
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

トツトツトツ雨戸にサッシに打ち濡れる
揺れる音間に感じる夜風



テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:1
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

こだまでしょうか


いいえ、のぞみです



私の町には

フレッシュひたちが走ります



震災と聞いて

あなたが応えたのは


中途採用ですみません



日がな月越え

色褪せて行く日々に



元気?

うん、元気



こだまの後に響くのは



今日から明日からのひかり

これからを想うのぞみ



特急券を偲ばせて

駆け抜けろよ、なぁ
テーマ : 自作詩    ジャンル : 小説・文学
  1. / trackback:0
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

冷ややかに冷めた視線を知らぬフリ
それとて差し出す視野狭からず



テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

今日は、成田山へ。


新緑が美しい眺め。


成田山_0430_03


ちょっとジブリ風。

成田山_0430_06


RPGダンジョンの行き止まり。

成田山_0430_04


一輪の花が咲いておりました。


成田山_0430_02


帰りにカラオケ。


Gacktさんのモノマネ。段々と腕が上がって来ました。


素敵な歌声に包まれて。


私は癒されて居りました。
テーマ : 物書きのひとりごと    ジャンル : 小説・文学
  1. 日々の雑記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

モノクロ

Author:モノクロ
ふとした日々の、ふとした言葉。「モノクローム文芸館」です。


・ご意見ご感想もお待ちして居ります。
~モノクロ書簡~

天気予報

時刻

月別アーカイブ

バイオリズム

FC2カウンター

放射線量計

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

« 2012 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -