〜あれから、いくつもの思いを重ねて。心より平穏を、小さな灯りを灯せますよう〜

短歌や詩、日々の可笑しみ

モノクローム文芸館

澄み渡る空、快晴の暗きにも
電線辿り繋がるログインログアウト


青空2012_1029_02

スポンサーサイト
テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

先日、新聞を読んでいたら、
気になる記事を見かけました。

とある文学新人賞において、70代の方が、
同時期にお二人、受賞されたそうです。

こちらが、その新聞記事と同内容のネット記事です。

参照、ニュース記事 〜 「対照的な作風、70代の新人作家」

特に、その女性の方に関しては、
様々な仕事の傍ら、二十代から書き続けての受賞だそうで。

継続することの大切さ、
そして、本気と言うのは、こうゆう志しを言うのではないだろうか、
と身につまされる気持ちにもなります。

私のブログも七年目を迎え、ましたが、
まだまだ桁が違うのなぁと思われます。

「石の上にも三年」とは言うけれども、
本当は十年、二十年と積み上げていくことの大切を詠うのですかね。

この秋、ちょうど文章ライティングの仕事が三年目に差し掛かり、
これから、もっとより文筆を磨いて行きたく思います。

音楽も尚更に励みに奏でられますように。
小さな新聞記事より、
衿を正して、そうゆう気持ちを頂きました。
テーマ : 物書きのひとりごと    ジャンル : 小説・文学
  1. 日々の雑記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

仕合わせは仕え合わせる思いやり
人を避かれば避けられるよに



テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:1
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

今日のD.I.Yはこんな感じ。

ほんと前々から、デスク周りをすっきりさせたいと思っていて、
とりあえずは、スピーカーラックを増設することに。

パーツはすべてホームセンターで調達。


まずは既存のラックに接続金具を取り付け。

スタジオラック01

そして、増設するラック。

スタジオラック02

接続部が異なるものしか販売されていないようなので、
接続部の金具に、新しいラックの足をかませる作戦。

写真では分かりませんが、
金具の頭に、棚部分を乗せつつ、
また、棚部分を極力、足に近いところへ持って来て、
しっかり四方から締め付けることにより、比較的、安定した構造を成しています。

スタジオラック03

このように、スピーカーを収納した状態でも、
棚自体にブレはなく、今のところは安定を保っています。

スタジオラック05

こうして見てみると、
写真では、どことなく不安定を感じさせますが、
この手法は論理的、かつ合理的に安定した構造を保つと思われます。

まぁ多分、よほどすべてのビスが同時に緩み始めると言うような、
霊的、オカルト的な現象が起きなければ大丈夫でしょう。
テーマ : 物書きのひとりごと    ジャンル : 小説・文学
  1. 日々の雑記
  2. / trackback:1
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

人ならず優しさ在らず事成らず
例えば、桜の散るモノローグ



テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

夢枕獏さんの「陰陽師」を読み始めたら、これが中々に面白い。味わい深い。


シリーズで出てるから、気長に読み重ねてみようと思う。


秋の夜長に、しっぽり包まれる文章が、いいね。
テーマ : 物書きのひとりごと    ジャンル : 小説・文学
  1. 日々の雑記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

当たらずも遠からずとも近ずとも
知らない間に間に打たれて響く



テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

ブルーのニットを購入。

写真載せると会ったとき恥ずかしいからやめとく。笑


うん、青は落ち着く。

昔から青とかターコイズブルーの服は、ヘビロテしやすい傾向があるから、これも今シーズンは一押しですね。

一張羅で冬まで引っ張るよ彡


俺が青いニット着てたら、これかなって妄想しといてな。

妄想は勝手にさせるから価値があるんやで^^
テーマ : 物書きのひとりごと    ジャンル : 小説・文学
  1. 日々の雑記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

名画モチーフ、第二弾は、

ムンクの「叫び」より、


色相を変換した、

「幻ろし」

幻ろし

聴こえない声を聴いて、おののいている様相、

しかし実は、後ろを歩く二人組の一人が見ている幻覚である、

原画同様の二重構造を持たせました。


芸術ならではの、深読みしてくれモチーフ、

しばらくは、名画をリメイクするシリーズを続けて行こうかなと思っています。
テーマ : 物書きのひとりごと    ジャンル : 小説・文学
  1. 絵画
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

愛してる 百万回の言葉より ほんの一瞬 恥じらいの笑み



テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

先日は、「演劇集団スリーサイズ」と言う地元劇団の公演映像上映会へ行って来ました。

こちらの演目は、実は昨年の暮れに小美玉市の、
それからと言うものお世話になって居ります「みの〜れ」で行われた、

「落ち葉プール」と言う舞台でした。

昨年も観に行った舞台なのですが、
今回は映像化されていると言うことで、

再び観劇に言って参りました。


その感想として、最も驚いたことと言えば、

その記憶の曖昧さ、たるや、

展開が記憶から外れて行く瞬間の多いこと、多いこと、


記憶と言うのは、やはり都合の良いように、
塗り替えられて行くのだなぁと、

そうゆう演目を前に我を振り返る、二重パラドックス構造、


そして、実際に、

曖昧なことのあまりに多い現実、
確かなものなぞ、これひとつも在りませぬ浮きの世で、


君の笑顔も、あの人のやさしさも、
かりそめに塗り替えられてしまう、


しかしながらも、

そんな曖昧なグレーゾーンを、
グレーなままで、黒にも白にも成らないままにして、

相も変わらずに暮らして行けたらいいよね。


そうゆう最終的な想いは、

昨年観たときも、今回も、
全く同じ想いで会場をあとにしたのであります。


嘘をつかれたときに、
しかしその嘘は真実である、

と言うそんな確信さえも無い、


それで良いではないか、なかろうか、


そう想いを、

自分に都合の良いように解釈して、


自分にとって都合の良い真実を捏造して、


居ります夜更けの迷い草で御座います。
テーマ : 物書きのひとりごと    ジャンル : 小説・文学
  1. 日々の雑記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

最近、本を読んでいないなぁと思い、

昔から愛読している本を数冊、本棚から取り出して、

暇なときに、パラパラめくっています。


なんだか、久々に引っ張り出してみたら、

本当によーく読んでいた本は、

既に貫禄、風格あらわなシミだらけになっていることに気付きました。


何を読んでいるかは、まぁ当然、秘密なんですが。笑


作家さんくらいは、いーかな。


江國香織さんや梨木香歩さんあたりから数冊、

あとは、平山郁夫さんや松下幸之助さんを、励ましの本として、


たまに真面目に、池澤夏樹さんや灰谷健次郎さんなど。


まだまだ、愛読と言うほど、読み込んではいませんが、

最近のお気に入りは、川端康成さんと藤沢周平さんが別格。


あとは、ちょいちょい愛読しているものが、あまり著名な作家さんではないもので。


基本、気に入った本は、くり返し読みます。

何度も何度も、想いをなぞるように。


ここに挙げた作家さんは、やはりエッセイの味わいが風紀で良いですね彡


やっぱし読書は、必要に追われて飛ばし読み、

、、よりも、こーゆー気長で流暢なものがいいなぁ。一冊読むのに何週間も、何ヶ月もかけるような彡
テーマ : 物書きのひとりごと    ジャンル : 小説・文学
  1. 日々の雑記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

ふる想い音にのみ聴く我と居て
いたずらなほど見てくれないの



テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]

ここ最近、辛いことが多くて、

ま、正確には元々多いんだけど、
それは誰でもそうだよ、と言い出したらキリがないんですが、、笑

でも、本当に素晴らしい人に、人に囲まれていると思う。


や、だから何だ、とか言わないでよ、笑


もっともっと良いイメージを持って、
良いイマジネーションを周りの人に、

与えられるだけじゃなくて、
自分からも素敵なインスピレーションを与えられるように、

もっともっと与える人にもなれるように生きたいね彡


「家族になろうよ」福山さんの歌が心に沁みる今日この頃です。
テーマ : 物書きのひとりごと    ジャンル : 小説・文学
  1. 日々の雑記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

空を見て過ちだったと振り返る
そんな山道、谷道を行く



テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

肩寄せる相合傘のカップルに
小さな仕合わせ鳴らせよ小雨



テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

せせら雨 縦縞模様の落書きに
横糸ひとつ織り成せたなら



テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

和声法02
遂に全三巻、届きました。

これで、遂に、奇しくも、
や、何も変わりませんが。

これから、勉強を深める時間を沢山作りましょう。

現在は併せて「旋法論」も再読再考しています。

自己満足と言われても、いいじゃないですか。
言わせておきましょう。




旋法論 楽理の探究旋法論 楽理の探究
(2010/04/22)
東川清一

商品詳細を見る




まずは、すべてに実践ありき。一貫して現場主義です。


テーマ : 物書きのひとりごと    ジャンル : 小説・文学
  1. 日々の雑記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

モノクロ

Author:モノクロ
ふとした日々の、ふとした言葉。「モノクローム文芸館」です。


・ご意見ご感想もお待ちして居ります。
~モノクロ書簡~

天気予報

時刻

月別アーカイブ

バイオリズム

FC2カウンター

放射線量計

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

« 2012 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -