〜あれから、いくつもの思いを重ねて。心より平穏を、小さな灯りを灯せますよう〜

短歌や詩、日々の可笑しみ

モノクローム文芸館

さて、大晦日も終ろうと思われる夜四ツ前、

私は紅白歌合戦をぼんやりと眺めながら、


一年の終りをぼんやりと過ごしております。


バイトを納めて、書き納めもして、


今年は山ほどに色んな後悔があるし、

マイナスなことばかりが思い浮かぶけれど、


でも今は、無理にプラスへしなくてもいいかなと思う。


黙っていても分かっていること、


感じているやさしさ、人の思いやり、

ときに冷たく突き放されることの意味、


そういったものをただ黙って感じながら、

じんわりと身に沁みて小さな光をほのかに灯してくれる人たちに、


多くの出逢いに「ありがとう」を込めて彡



「沈黙によせて」戦場のメリークリスマスより〜 / thomas' factory / youtube
スポンサーサイト
テーマ : 物書きのひとりごと    ジャンル : 小説・文学
  1. 日々の雑記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

正しくも美しくもない路を往き
ただ密やかに佇むひとり


テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

笑う門くぐればいつもの通い路
他が為に泣く笑うも晦日



テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

昨日は、昼間のうちに少し仕事をしてから、

予定通り、つくばへ向かいました。


現在、つくばのアパレルショップでスタンプラリーを開催していて、

先日は「Go Old Rush」という古着屋へ行きまして、

昨日「K2APARTMENT」というセレクトショップへ行って来ました。


つくば古着屋スタンプラリー01

そして、世間話をしつつ、

オススメして頂いた「Big John」の「KURASHIKI JAPAN」というシリーズ。

すべて日本製で、何より、和染め風の色彩が美しい。

梅鼠ジーンズ01

シャツも良かったけど、同等の値段では、こちらを選んでしまいました。

この時期に七分袖も、、夏場なら、シャツにしたかも。。


そして、ふと考えていたんです。


今回のお店も前回のお店も、

実は、買うか買わないかは決めてなかったんです。


でも、店員さんの雰囲気だったり、品質の良さだったり、

こういうお店で買いたいなぁと思いまして。


なんですが、実は、それって大事なこと。


嫌なお店で買っても、お店の売上になってしまうし、

素敵なお店なら、売上に貢献出来るし。


普段、何気なくコンビニやドラッグストア、レストランなど、

様々な場所で買い物をしたり、お金を使うけど、


これからは、好きなコンビニでタバコを買ったり、

そのブランドも、応援したいブランドのものを、


音楽なんかだったら、

しっかりと売上に、ミュージシャンなど収入に繋がるように。


お金は天下のまわり物というけれど、

同じくまわすのならば、しっかりと自分の選択でまわしたいな。
テーマ : 物書きのひとりごと    ジャンル : 小説・文学
  1. 日々の雑記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

悪手でも終り良ければすべて良し
いずれその一手またその一手


テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

いつか大きな花を咲かせるために、今は辛抱して。

というスタンスは、少し違うのかなと思う日々。


十代にそういうスタンスで大きな挫折をしているから。


今は、小さな花を一つ一つ丁寧に咲かせていけたらと思う。


一つ一つは小さな花かもしれないけれど、

それが一つ、また一つと増えていけば、


やがて大きなお花畑になるのかなぁという感じ。


今日もバイト前に、少しの作業しか出来ないけれど、

しっかりとあと少しもう一筆、頑張ろう。
テーマ : 物書きのひとりごと    ジャンル : 小説・文学
  1. 日々の雑記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

久しぶりに絵画を描きました。


横浜の絵画展で、

お客さまに勧められた「タオ-老子 / 加島祥造」という本を読み、


自分の好きな絵を描く、

好きな音楽を作る、


そうではないところに、

何か得難いものがあるように再認識しました。


そして、横浜へ出展した画風を再構築し、

一見しては分からない新たな試みも交えつつ。


渦巻き_花火・大和国
「渦巻きシリーズ/花火・大和国」


3.11時代へ、現代アートの息吹に寄せて。
テーマ : art・芸術・美術    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. 絵画
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

想い出はこころに残る水たまり
しとしとぴっしゃん跳ねては転ぶ



テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

さよならの手紙を夜に偲ばせて
カーテン朝日に捨て去りとうか



テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

ふりだしのすごろくいつかわすれもの
きづけばそこはふりだしのレイン



テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

吹けば消えるロウソクを灯すふわり


勇み足で負け込んだ千秋楽四日前


買えない値段のフェンダー見つめて買う教則本


教えてもらったことは忘れたけど覚えていた教師にばったり


きっといつかって言ってたけど社交辞令だから明日


おやすみのキスを歌う歌手がいて興味ないしする気もないなと思う


犬も歩けば棒に当たる歩かなくても当たるし


猿も木から落ちる万有引力の法則だよね


肉を切らせて骨を断つようなうまい話にご用心


詩を書くことは恥ずかしいから好き


ポエムっていうともっと背中がこそばゆくてざまあみろ


そうだクリスマスには入院しよう
テーマ : 自作詩    ジャンル : 小説・文学
  1. / trackback:0
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

風化した季節を数えめくるとき
そのぬくもりに揺らいで消える



テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

年齢的にもそうですし、

仕事や制作にも時間を費やしたいですし、

友人と顔を合わせる機会というのは、

年々少なくなりますよね、本当に。


そんなときに、

時折訪問してみるブログや、

また連日拝見しているfacebookやmixiでの、

それぞれの人生とそれぞれの思い、


そういった方々に、

時として背中を押されたり、

身につまされることもあり、


そして、何よりも自分にとっては、

とかく独り好きで、人生孤独であればこそ、

と思いやすい気概の私にとっても、


人は一人で生きてはいない、

という至極当たり前のことを思い直してみたり、


まぁその多くはあまり表に出しませんし、

どこで語ることもないのですが、


誰が観ておられるかも知れない辺境なブログにて。。


そして私も、

受け取るよりも多くの光を、

沢山の小さな幸せを、


もっと美しいことばを、素敵な情景を。


good day...good night彡
テーマ : 物書きのひとりごと    ジャンル : 小説・文学
  1. 日々の雑記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

近郊地区にあります天然石専門店にて。


先日、伺ったときに、
天然石の浄化お香を頂き、

その他の浄化方法が気になり、

ちょっと訊ねてみると、

様々な方法があるそうです。


その中の一つで「クラスター」という方法。


この水晶は、自浄作用があるため、
慣れない初心者でも使いやすいということで、

比較的、安価な小さめのものを購入して来ました。


クラスター2012_1215


一晩で、あっという間に邪気を吸い込み過ぎている様子、、;;


ちょっと換気をしながら、

お香も焚いて、


煙草が悪い、という説もあるけど。笑


その辺はね、大らかに。広いこころでみましょう彡
テーマ : 物書きのひとりごと    ジャンル : 小説・文学
  1. 日々の雑記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

その鳥は空を飛んでいる


電信柱も煙突も

雨も雪も、潮風も


野鳥の会だとか

それはもう晒されたり


野鳥狩りになんか

危険すれすれ逃げ切ったり


でも僕はその鳥を見たことはない


話には聞くけれど

よく分からない


その鳥の命が危うくても

例えば、辛くて飛ぶのをやめそうになっても


僕には全く分からないし


僕は僕で

自分の命を可愛がったり


我が身の危険を例えたり

してるだけ


そんな僕のあれこれも


知らないところで

誰かは命を助け


またどこかで逃げ出したり


そうして世界は今日も廻っている


あなたが泣いていても

僕が苦しんでも


知らない顔して廻り続ける


そんな世界の端っこで

今日も泣いたり笑ったり


そんな世界の端っこで
テーマ : 自作詩    ジャンル : 小説・文学
  1. / trackback:0
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

陰陽師 太極ノ巻 (文春文庫)陰陽師 太極ノ巻 (文春文庫)
(2006/03/10)
夢枕 獏

商品詳細を見る



しっぽりとした酒とのまどろみ。阿吽の呼吸で間を引いた二人。

いつも語り部は「呪」の話へと導かれる。

我々のエゴで伝えるコミュニケーションを温かく見守るように。

思い通りにはいかないことも。分かったようで分からないことも。

そのままに朝を迎えるように、物語はゆっくりと。
テーマ : レビュー    ジャンル : 小説・文学
  1. お気に入り
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

ぼんやりと夕陽へ消える影になる
望むもあやか沈まりとうの



テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

モノクロ

Author:モノクロ
ふとした日々の、ふとした言葉。「モノクローム文芸館」です。


・ご意見ご感想もお待ちして居ります。
~モノクロ書簡~

天気予報

時刻

月別アーカイブ

バイオリズム

FC2カウンター

放射線量計

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

« 2012 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -