〜揺られ揺られる、日々の思いを、君へ、あなたへ〜

Archive: 2013年05月  1/1

-094-

No image

あけすけな心と心がぐずついた梅雨入り涼しげ紫陽花と蜘蛛...

  •  2
  •  0

-093-

No image

今年から桜の花びら見えなくて気球の空気は静かに揺れる...

  •  0
  •  0

-092-

No image

あますれば時の流れに濡れ落ちるしなる指先あえなぎる影...

  •  0
  •  0

-091-

No image

掛け捨てのバーボンロックに割り切れぬ嘘と笑いとエゴ、見栄、リズム...

  •  0
  •  0

-090-

No image

花びらをつづれ織り成せば幾重にもやがて落ち入る陽射しと陰に...

  •  0
  •  0

-089-

No image

背中には優しき手と手が頑張れとそっと体温の近きしものや...

  •  0
  •  0

-088-

No image

喜びもひとえに哀しい嬉しみも時を経るなり命に似たり...

  •  0
  •  0

-087-

No image

眼差しの厳しさ優しさ疎ましさ浮かべる笹舟ご恩を辿り...

  •  0
  •  0

-借り物を返して-

No image

人との繋がりは大切です。例えば、こういう大切なものがあります。でもそういう言葉自体が果たして借り物の言葉になっていやしないか。じゃぁ自分の言葉で語るって難しいのだけれども。少なくとも自分はこういうブログで、ずっと言葉を取り扱って記事にし続けているわけで、そのことを諦めてしまったり、このまま借り物の言葉を語り続けるのは違うかなと思うのです。「絆」の大切や「ご縁」の大切を実感している自分は勿論、こうい...

  •  0
  •  0

-086-

No image

悲しみに明けても暮れてもひと晩は白羽のように穏やかな友...

  •  0
  •  0

-085-

No image

壊れゆく人生破綻を見据えればさて壊れたる積み木の真理...

  •  2
  •  0

-成長-

No image

作品が日々成長していきます。元々、一行目を書き始めたときから、男性を主役にするつもりが、自ずと女性であることを文脈から訴えて来て、そして、彼女は意思を持つかのように、一つ一つの言葉を語り始め、ストーリーテラーは、必然として物語を動かし引っ張っていくようです。私の書いている小説でありながら、どこか作品の意思に引っ張られるように動かされていく感覚が、面白い感覚でもあり、また音楽や絵画では覚えることのな...

  •  0
  •  0

-新しい目標-

これです。昨日、近所の本屋で買って来ました。勘の良い方はすぐに気付いて下さるかと思います。最近は小説を書き始めていて、ひと通り仕上がり、あとはひたすら編集作業です。徹底的に言葉の純度を高めて、そして尚かつ透明感のある作風に仕立てていこうと思っています。今までの人生で使ったことのないようなエネルギーまで、すべて注ぎ込んで向き合いたい作品と感じております。...

  •  0
  •  0

-084-

No image

ストイック悩みに悩まれふと一句それでも悩んであぁ詠となり...

  •  0
  •  0

-083-

No image

運動会 女子会二次会 男子会会合ばっかで疲れんぞ寝ろ...

  •  0
  •  0

-082-

No image

短歌より切ねぇ歌が聴きてぇなぁそれなら一句とひねってリルケ...

  •  0
  •  0

-081-

No image

三秒で殺したルールを受け入れてまた生きているあぁ七秒後...

  •  0
  •  0

-080-

No image

目鼻さえ鏡なしでは見れぬのに知った顔したカオナシの人...

  •  0
  •  0