〜あれから、いくつもの思いを重ねて。心より平穏を、小さな灯りを灯せますよう〜

短歌や詩、日々の可笑しみ

モノクローム文芸館

や、指に細菌がね、、

その細菌じゃないがな、、!


と古いボケにお似合いの古いツッコミで、、


題詠blogという短歌イベントに参加しているのですが、

このトラックバックが五回目くらいにしか入らない。。


トラックバックで成立する企画だから、

もう一つのお題に何度も何度も再投稿して、心が折れそうです。


しかし逆境は、成長するための有難い契機。


辛いとき苦しいときこそ、

自分を信じて、周りの人を信じて。


自分のことばかりになってしまうときほど、

誰かのために行動するように心がけて。


ま、ただトラックバック出来ない話なんですけどね。。
スポンサーサイト
テーマ : 物書きのひとりごと    ジャンル : 小説・文学
  1. 日々の雑記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

雨の街 命からがら逃げ出した
あの秋のこと 濡れた月と空



テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

死ねばいいのに


ほんとに死んじゃうよ

いーよ別に


死ねばいいのに


あんなやつ

さっさと死ねばいいのに


いい子ぶって

笑っても


死ねばいいのに


言の葉の剣に

刺し殺しても無罪


死ねばいいのに


殺しちゃえよ

バレないよね


死ねばいいのに


埋めちゃえよ

気付かれねぇよ


死ねばいいのに


殺したいよね

自殺させよっか


死ねばいいのに


生きろ


死ねばいいのに


生きろ


死ねばいいのに


だから


生きろ



テーマ : 自作詩    ジャンル : 小説・文学
  1. / trackback:0
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

始まりの歌を歌ったはずなのに
誘って逃げるお決まりの幕



テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

殺人鬼どうしてあんないい人が
角を作りし罪とも知らず



テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

ほんとなら嘆きの歌をねぇ下さい
携帯を見る横顔の笑み



テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌=題詠
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

いつまでも同じ温度の君じゃない
触れたる手と手に別れのサイン



テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌=題詠
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

今日、仕事帰りになんとなくAMラジオを聴いてみた。


いつもFMしか聴かないからたまには。って思えば震災のとき以来でした。


あのときは情報が特に地元の情報なんかは地元放送局くらいでしか知れなかったから、いっつも聴いていた。


ナイター中継やってたからしばらく聴いてました。


昔、家族で出かけた帰り道に親が聴いていたのを思い出しつつ。感慨のナイター中継。


ラジオって好き。なんか好き。親密な感じ。ローカルな感じ。
テーマ : 物書きのひとりごと    ジャンル : 小説・文学
  1. 日々の雑記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

ブログを始めて七年が過ぎました。


その前から、ユニット活動でのホームページで日記などは書いて居りましたが、

ブログというツールの魅力、


っていうと、そういうブログの魅力ってなんだろう、

そう考えると、果たして自分が活かし切ることが出来ているかは疑問符ですが、


でもなんとなく "なんかいいな" を形にするブログっていうスタンスを大切に続けています。


その七年のあいだには、多くの出逢いがあり、そして多くの別れがあり、

またこれからも多くの出逢いと別れを、また離れてしまう日もあるかも分かりません。


それでも今の私を色んな視線で目線で見てくれている人と人へ、

またあるいは、見もせず聴きもせず、そんな空気にも、


ゆるりとマイペースに綴る日々の徒然を、

そんなあれこれは、きっと変わらずに続いていくもので、


またゆっくりと続けていこうと思っています。


たまたま歩み始めた人生を、

誰のせいでもなく、誰のためでもなく、


ただなんとなく生きている、

そんなブログならモノクロならいいなぁ。


今日はそんなことを思います。
テーマ : 物書きのひとりごと    ジャンル : 小説・文学
  1. 日々の雑記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

ここ数年、トイレ掃除をする度に、

頭ん中でエンドレスリピートしていて、

それがあまりにもリピートするもんだから、

今日、「トイレの神様」をしみじみと聴いてみました。


元々、植村花菜さんのCDは、ipodに入っていたのですが、

いつも頭から数曲しか聴いていなくて、

「トイレの〜」は最後の曲なので、まともに聴いたことがなかったのです。


そして、一回目でもう後半に差し掛かった辺りで、

普段、曲を聴いてそういうことはないのですが、鳥肌が攻めて参りました。


しみじみとその理由を探るべくリピートしてみると、

彼女のかの歌は、後半へ向けて、歌い方が感情的に変化していくことに気付きました。


前半は淡々と歌い、中盤の歌詞に変化のあるサビで、感情が山へ昇り、

ラストへ向けて、切なさと希望が現れて来る構成になっているようでした。


特に、歌詞が変化して、歌唱も変化する中盤サビに求心力が強いように思いました。


ここで、分析をしてみても特に深い意味はないのですが、

やはり求心力には、意図的な仕組みを設ける必要があるのかな、と実感します。


そして、この歌を通して、自身の感情変化や実体験から、

現在、執筆中の小説のラストシーンへの展開のヒントを頂きました。


またゆっくりと聴き込んでいきたい、興味深いアーティストでもあります。
テーマ : 物書きのひとりごと    ジャンル : 小説・文学
  1. 日々の雑記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

決闘は金曜日ではないけれど
週末からの宣戦布告


テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌=題詠
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

さよならはいつでも他人の彼だから
今日こそ縁もゆかりも捨てん


テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌=題詠
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

陰ながら差し光たる仕事人
お前が泣くならいざ今宵酔わん


テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌=題詠
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

つまらない歌に枕を付けたなら
そいつぁいいねと吐き捨てたがれ



テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌=題詠
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

いくつでも重ねて眠る二日酔い
日がなカタカナ更なるコール



テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌=題詠
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

檀蜜の味をしめたし究極よ
とろける甘えた苦虫と水



テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

彩りも失せるよしずのブラインド
わずかな光が差す、刺す、挿すよ



テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌=題詠
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

嬉し恥ずかし面映ポエム


残業の件が詩的に微笑む


あなたの声色がエム


傷付けられて死すサディスティック


子供が転がるチョップスティックス


女性が集まり慣用句ばかりの助詞会


修飾語が嫌いになった就職後


文学を志した水嶋ヒロノブと音楽を愛した石川歌右衛門


そして、永遠に続く杉山は高一のままニーティスト



テーマ : 自作詩    ジャンル : 小説・文学
  1. / trackback:0
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

かなしみの復習終らぬ午前四時
未だ見ぬ苦しみしっかり予習



テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌=題詠
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

モノクロ

Author:モノクロ
ふとした日々の、ふとした言葉。「モノクローム文芸館」です。


・ご意見ご感想もお待ちして居ります。
~モノクロ書簡~

月別アーカイブ

FC2カウンター

放射線量計

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

« 2013 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -