〜あれから、いくつもの思いを重ねて。心より平穏を、小さな灯りを灯せますよう〜

短歌や詩、日々の可笑しみ

モノクローム文芸館

春風に吹かれる冬の冬枯れに
そもそも季節は夏蝉しぐれ



スポンサーサイト
テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

傷つかばナイフの狂気知りすぎて
林檎の味も忘るるなきに


テーマ : 自作詩    ジャンル : 小説・文学
  1. / trackback:0
  2. / comment:2
  3. [ edit ]

いいとこも悪いところもあるけれど
それも含めてあなたとわたし



テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

レコードを聴くのって、とっても手間ひまがかかること。


ipodやPCで、いつでも好きなときに好きな曲が聴けるのに、
それでもレコードを聞いていることも多い最近。


今日も埃や汚れで回転数が落ちてしまい、
ひたすら手回しで盤を回転させて復活。


音がどうこう、というのもあるけれど、
でもそれよりも、このご時世にレコードを聴く、という贅沢なスロウタイム。


レコードを聴く



二十分そこそこで、再び針を落とさなきゃ聴けない。
そんな時間が、ものすごく心のとげとげを潤してくれる。


ボタンひとつで何でも出来る時代だからこそ、
手間ひまかけて音楽を聴く。


そうやって音楽を大切にして、
大切な音楽を丁寧に愛でてゆきたし。
テーマ : 物書きのひとりごと    ジャンル : 小説・文学
  1. 日々の雑記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

茨城のジョンボンジョヴィを名乗ろうか
ド派手なエンターテインメントショウ



テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

良くなれば悪くなるものあるけれど
青い芝生もよく生る柿も



テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

油絵_空01しばらくぶりに思いつきで油絵を描いています。

手に付いた染料を落とすのに、切羽詰まって油落としを探して油絵の道具を漁っていたら何だか描きたくなってしまって。

数年前に描いていた絵を引っ張り出して、新たに続きを模索中。

自分は高三の年から、一浪して美術予備校の油絵科に居りまして。

色々が色々なお年頃でしたから、そういう時期を真っ正面から向き合ったものには、やはり感情の入れ込みが違うのかなぁ、と数年ぶりに絵筆を持って実感しています。

まぁ今ではよき日曜趣味ですが。

でもあんまし入れ込むと「月と六ペンス」になりそうな気もしつつ。

ほどほどにしておかねばなぁ。
テーマ : 物書きのひとりごと    ジャンル : 小説・文学
  1. 日々の雑記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

堀原_01


堀原_04


本日、自宅から徒歩で数分の運動公園へ。


普段はあまりに近所すぎて、
中々立ち寄ることもないのですが、
ここ数日というもの道端から眺める紅葉が美しく、
休みの日にゆっくり歩きたいなぁと思っていて、
ついでに写真でも撮ろうと思いふらふらと。


徒歩で数分、もっと言えば数十秒くらいで行けるんじゃない。

というくらい近いのに車で。。笑



堀原_02


堀原_03


堀原_05

  子供の頃は、
  ほんとにいっつも遊びに来ていた公園。


  中高生になってからも、
  当時は散歩が趣味だったので、
  ひとりでいっつも徘徊していました。


  最近そう言えば、あてもなく歩く、
  ということがなくなったなぁ。


  運動不足だし、年齢も重ねてしまったし、
  また昔みたいにたまには歩きに来ようかな。



テーマ : 物書きのひとりごと    ジャンル : 小説・文学
  1. 日々の雑記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

人をみて言葉で切り裂く人をみて
いよいよ哀しく眺める夜待ち



テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

嘘つきを泥棒だとか差し替える
その行き過ぎた啓蒙思想



テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

こないだの日記を書いて、

ふと思ったこと。


アナログ盤がいい。という話でしたけど、

よくよく考えてみると、

結局のところ、音楽って音質が良ければいい、ってもんでもないよね。という想いに誘われます。


傷付いた盤面のかすれやノイズ、それは私が育ったカセットテープのそれとも似通って。

デジタルで完璧に処理されたデータ音源には、ノイズもないし、ひずみもない。


でも正直つまんない。CDなんかでも、まだ傷による音飛びなどがあったもの。

そういうのって自分の聴き方によっても現れ方が違って来て。オリジナルな音が出来たり。


人間なんてまぁ完璧なわきゃぁないのであって。そこに来ての完璧な音源は、聴いていると疲れて来て息苦しくなって来る。まぁ自分の場合ですけど。

完璧にクリアな音を求めている方も多いかもしれないけど。


でも自分は歪んでノイズにまみれた音楽を聴いている方が精神的には癒されるなぁ。と感じているのです。

皆さんはいかがでしょうかね。。
テーマ : 物書きのひとりごと    ジャンル : 小説・文学
  1. 日々の雑記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

最近、音楽に触れれば触れるほど、

音楽を聴けば聴くほど、

やっぱしアナログ盤じゃないかな、という想いを拭えない。


そして、アナログ盤で楽曲を販売出来ない自分がもどかしくもあり、

仮に実際に販売出来たところで、リスナーの視聴環境は整っていない、という現実もきびしい。


でも、少なくとも私の耳には、音楽制作をしているが故のそこそこのスピーカーで再生する圧縮音源より、安価なコンポで聴くアナログ盤の方が聴き心地がいい。


とあるCDをitunes storeで買ったらいいアルバムだったから、CDを注文したんですが、ついでにアナログ盤も買って聴き比べてみたいなぁ、という欲求を抑え切れずにいます。

かなり贅沢な聴き方ですけどね。


でもまぁ音楽好きとしては、そのくらいの出費は出し惜しみたくないなぁと思いながら。


今月のカードの支払い切り替え日を過ぎたら、注文しようかしらね。

お金は使えばこそ価値がある。


うむ、無駄遣いの言い訳に過ぎぬ。
テーマ : 物書きのひとりごと    ジャンル : 小説・文学
  1. 日々の雑記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

夢を叶えるばかりが人生ではないのかのぉ。


まぁいずれにせよ、潰れる前に休む。大事よね。


休んだらまた速く走れるかもしれんし。


兎と亀の話だって、二度寝、三度寝しなければ負けんかったかも分からんし。


いえいえ、負けるもまた人生ですしね。


強く優しく。そのどちらもなくても生きてりゃいいこともあるはずさ。


ここの辺りは自分のルーツスタンスのようでもあり。


見失っていた昨日までの私。という方が自然でもあるのかな。
テーマ : 物書きのひとりごと    ジャンル : 小説・文学
  1. 日々の雑記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

モノクロ

Author:モノクロ
ふとした日々の、ふとした言葉。「モノクローム文芸館」です。


・ご意見ご感想もお待ちして居ります。
~モノクロ書簡~

天気予報

時刻

月別アーカイブ

バイオリズム

FC2カウンター

放射線量計

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

« 2013 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30