〜あれから、いくつもの思いを重ねて。心より平穏を、小さな灯りを灯せますよう〜

短歌や詩、日々の可笑しみ

モノクローム文芸館

始まりも終りも知らないストーリー
夢も現実も虚構も水も



スポンサーサイト
テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

手のひらで転がされるような人生も
あなたを想えばそれもまた愉し



テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

君の瞳が偽りの闇を照らすなら
それもまた私にとっては光



テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

君のみた私の顔はどうだろう
僕からしたら一輪の檸檬



テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

年明けの始めのこと。

なんだかネットでも話題になっていて、
バイト先の学生さんも話してて、

面白そうだなぁと興味半分で観始めた月9ドラマ「失恋ショコラティエ」


観始めて二回目くらいから、

音楽が素晴らしいなぁと思っていて。


「Ken Arai」さんという注目の作家さんネームバリューにも誘惑されて、


今後も、BGMなどを作る上で、非常に参考になり、勉強になる、

重要な研究資料、という口実を無理矢理でっち上げて、サントラを購入してしまいました彡


失恋ショコラティエ

期待値に対して、七割増しくらいの良質さです。

いやまぁ、その実、意外と期待値は低かったんですけど...


なんとなく、松潤と石原さとみさん居ればこその、音楽の魅力なのかな、とか正直少し舐めてました。


でも違いましたね。


明るい曲にも悲しみの音があり、切ない曲にも喜びの音があり、

なんとも入念に取り入れられた音、響き、風景。


パッと飛びつく華やかさの裏に、その実スルメな味わい深い素敵な作品です。
テーマ : 物書きのひとりごと    ジャンル : 小説・文学
  1. 日々の雑記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

詩を書いていたら

死を書いているような気がしてきた


詩を書いていたら

死を欠いてるような気がしてきた


詩を書いていたら

師を欠いてはいけないと思った


詩を書いていたら

史を書いてみたいと思った


詩を書いていたら

氏を描いているようだった


詩を書いていたら

思わず詩を書いていたから


詩を書いていたのだった
テーマ : 自作詩    ジャンル : 小説・文学
  1. / trackback:0
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

TSUTAYAの宅配レンタルに登録してみました。


10751917_2058679542_87large.jpg


使い勝手は想像以上に良好です。


なので上位プランへ変更も検討中です。


マニアックなフォークやロックもある程度は揃っているので、CDの買い控えをするために登録しました。


少ない出費と手間でどれだけ多くの"良質な"音楽を聴くか。インプットの効率化。


そうすることで時間や手間をアウトプットに回すことが出来る。


ということで久々に曲作りしようかしらの夜更け込みまする。
テーマ : 物書きのひとりごと    ジャンル : 小説・文学
  1. 日々の雑記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

工場とガスに刻まれ濁り酒
薄灰色の空と雨焼け



テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

さみしげに月、テラスから始まりの
終りを見ている夜更ける頃



テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

切れ切れの花びらちぎり舞い踊る
風そよぐなら木々ただ濁るなら



テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

今年は書かない、と思ってたけど。


震災のことって、考えるよね。


善意のことも。偽善のことも。悪意のことも。偽悪のことも。


じゃぁなんだ。って思うけど。


あのとき、大切だなぁと思ったことを結局は守れなかったり。この両手からこぼれ落ちてしまったり。


でも今の自分が大切だなぁと思えるものがあって。それは確かに目の前に広がっていて。


またあのときのように守れないかもしれないし、こぼれ落ちてしまうかもしれない。それは分からない。


だけど今の自分に出来るだけの誠意で、伝え、届け、奏でていけたらと思う。


まとまりのない文章だけど、あと追加で、音楽もやっぱり大切にしたい。
テーマ : 物書きのひとりごと    ジャンル : 小説・文学
  1. 日々の雑記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

乗り越えたり逃げたりしながら一歩ずつ
いつでもこうして来た道だろう



テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

爽やかな風を切り走るランナウェイ
逃げて逃げて逃げて追われるままに


テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

陽水さんに聞き惚れて一週間二週間ほど。


ベスト盤とオリジナル盤少し聴いてます。


ほんとに歌がうまいし、歌詞も逸品。クオリティ高さやばし。


本物っつーのはこういう音楽ですな。


弾き語りでも色々弾いてます。本物にあやかってね。自分も本物になろうっつー算段ですわ。


「いつのまにか少女は」「いっそセレナーデ」この二曲がお気に入り。あと「からたちの花」


陽水さんのバラード歌唱の巧みさには息を飲みます。や、あやかりたいねぇ。
テーマ : 物書きのひとりごと    ジャンル : 小説・文学
  1. 日々の雑記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

陽水の歌聴きながら暮れながら
飾りじゃないのよ...考えあぐね



テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

モノクロ

Author:モノクロ
ふとした日々の、ふとした言葉。「モノクローム文芸館」です。


・ご意見ご感想もお待ちして居ります。
~モノクロ書簡~

月別アーカイブ

FC2カウンター

放射線量計

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

« 2014 03  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -