〜揺られ揺られる、日々の思いを、君へ、あなたへ〜

Archive: 2014年04月  1/1

-75-

No image

不協音キースジャレットのざわめきにメロウイエローの天国地獄...

  •  0
  •  0

-74-

No image

オリジナルラブなど聴きつつありふれたあたしのこんてな愛オリジナル...

  •  0
  •  0

-73-

No image

頷いて傍らで泣いて微笑んでされど笑える知らない戸端...

  •  0
  •  0

-72-

No image

ミスチルとケツメイシだけで救われるそんなあたしの手軽さが好き、嫌い、好き...

  •  0
  •  0

-71-

No image

朝光り明るく見えない薄空におぼろな輪郭ほの暗さにて...

  •  0
  •  0

-70-

No image

ラッキーのセブンと言われて悩み込む9分の8は不幸であるかそして外れた0そのことを...

  •  0
  •  0

-かなしみさん-

No image

「あぁかなしみよ、あなたはどうしていつもそんなにかなしそうなのだ」「それは、私がかなしみだからよ」「おぉあなたはなんて哲学的であろうことか」「私にもあなたはそう見えるわよ」「...ん」「とてもかなしそう」...

  •  0
  •  0

-69-

No image

かなしみの鈍行列車はコトコトとなみだと汽笛と頬杖ついて...

  •  0
  •  0

-68-

No image

ほんとうのことを話して死んでゆくうしろ姿にひとなに想う...

  •  0
  •  0

-67-

No image

馬鹿ごとを休み休みで言ってたらあなたのしぐさがきずついた...

  •  0
  •  0

-66-

No image

ひたむきなひたとはどこを向いておるいやいや、ひたを剥いてるのかしら...

  •  2
  •  0

-音楽の人-

先日、テレビの歌謡番組を観ていて、色んな歌手の歌を聴いたけど、なかでも財津和夫さんの「サボテンの花」がとても良く、CD欲しいなぁと思っていたら、たまたまブックオフで見かけたので買ってしまいました。二十代の初め頃からよく歌わせてもらっていた歌ですが、でもあんまりしみじみ聴いたことなかったなぁと。春先にとても麗しいCDですね。「心の旅」が一曲目、ラストが「サボテンの花」財津和夫さんのCDの中で文字通りベスト...

  •  0
  •  0

-65-

No image

右へ行くあいつにゃ左と言っていたどちらもが嘘でいずれも本当...

  •  0
  •  0

-64-

No image

躓いて靴のせいよと蹴り上げるそんなあたしを蹴り飛ばせ、風...

  •  0
  •  0

-63-

No image

いやあれさ、なんとかリルフールってやつ...ダメだ、思い出せないや...もう......

  •  0
  •  0

-62-

No image

渦巻きの渦の周りをみていたら大事な一巻き見失ってまう...

  •  0
  •  0