〜あれから、いくつもの思いを重ねて。心より平穏を、小さな灯りを灯せますよう〜

短歌や詩、日々の可笑しみ

モノクローム文芸館

本年も、陰ながら見守ってくれたり、
何か見えないところや、聞こえないところで、
どうもありがとうございました。

今年は、更新も短歌ばっかりでしたが、
また来年も、何か暗いけど前向きなブログを、
細々と綴ってゆきますので、どうぞよろしくお願いいたします。



スポンサーサイト
  1. 日々の雑記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

陰ながらこっそり見てきた徒花のいつしか美しきかな嬉しさよ



  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

忘れては思い出させるニュアンスのどことなく柔らかな木漏れ日



  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

セカオワもゲスの極みもサンホラも懐メロのように聴く日が来るか



  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

いつからか数えた百の足跡も小さな一歩ずつ来たのだから



  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

夕べから雨しんしんと忘れたら想いも少しは濡れるでしょうか



  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

夏川りみの唱えるブーゲンビリアやさしく聴こえて白々と詠む



  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

懐かしのトレンディドラマのように俺じゃダメかと言わせてほしい



  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

いつもより苦めの珈琲をください渋々あたしを味わうために



  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

ひんやりと頬に冷たく寄り添える風そよぐまで待ちながらカフェ



  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

しんとした空気に揺れる心ごと何色思いで見惚れてますか



  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

殺し火の穏やかなその憎しみに割と自由に優しく微笑う



  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

モノクロ

Author:モノクロ
ふとした日々の、ふとした言葉。「モノクローム文芸館」です。


・ご意見ご感想もお待ちして居ります。
~モノクロ書簡~

天気予報

時刻

月別アーカイブ

バイオリズム

FC2カウンター

放射線量計

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

« 2015 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -