〜あれから、いくつもの思いを重ねて。心より平穏を、小さな灯りを灯せますよう〜

短歌や詩、日々の可笑しみ

モノクローム文芸館

夢を見た、君が微笑むはずのない悲しい場面を拭えるような



スポンサーサイト
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

十五夜もどんどん記憶に消えてゆき色々想うも薄れてしまう



  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

夜になり空も静まる冬枯れの木々さえずりて気配も見えず



  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

あかあかやあかあかあかやあかあかやあかあかあかやあかあかや月 / 明恵上人



  1. 短歌=古典
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

重なりて薄曇りたる混沌に射すピアノ線あのライフライン



  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

終わらない光と影のラブゲーム陰に光りて日向に暮れり



  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

雨の日のあなたの声と沈黙が月日を重ねて雨に濡れたら



  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

町外れ季節外れのララバイに今日も震える鈍行列車



  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

悲しみを無闇やたらに振り撒いて雨に濡れてるビニールの傘



  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

東から西へと沈む夕日暮れ雨に濡れます雨に濡れます



  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

もう誰も信じられないと呟いた小さな歪みを陰日向から



  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

さりげない言葉も知らない夕焼けに今さら季節も遊ばせないで



  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

しばらくは聴かない夕日を追いかけて沈む光りに輝いてよね



  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

生きてても何も変わらぬ浮きの世で小さな涙を灯せるのなら



  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

明けましておめでとうございます。

本年も、短歌や短歌や、或は短歌などを、
ぐっとくる歌を詠めるように励んで参ります。

それでは、良き正月を、また一年をお過ごしください。



  1. 日々の雑記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

モノクロ

Author:モノクロ
ふとした日々の、ふとした言葉。「モノクローム文芸館」です。


・ご意見ご感想もお待ちして居ります。
~モノクロ書簡~

月別アーカイブ

FC2カウンター

放射線量計

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

« 2016 01  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -