〜あれから、いくつもの思いを重ねて。心より平穏を、小さな灯りを灯せますよう〜

短歌や詩、日々の可笑しみ

モノクローム文芸館

イノセント誰も見てない手の平を上に向けたり下に向けたり



スポンサーサイト
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

桜かな所謂おごそかな歌などを詠めないあたしに夜桜お七



  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

淡色に忘れてきたのは空ですか置いてきぼりの気のせいかしら



  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

春の夜に月が浮かべる春の世に憂いを少しは霞んで魅せて



  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

真冬並いわゆる凍える凍結に静かな灯りで火花めくれば



  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

独白の言葉の向こうにいる人へ君の世界も春待ちますか



  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

雨の日も、風の日も

太陽の日も、星空の日も


真夏の空にも、真冬の夜にも


相変わらずの風が吹くように

いつもの風をただ吹かせてくれよ



  1. / trackback:0
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

雨よ降れただ自意識の雨よ降れ濡れる自己愛滴らせてさ



  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

うんざりな十中八九の悲しみに悲しみあてがいコーヒーフロート



  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

今日もまた相変わらずの風景にいちいち心を揺らせていたい



  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

とめどなく流れる泪に濡れる雨あれから夜空の向こうにきらり



  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

人生は紙飛行機と言われてもいまいちハライチよくわからない



  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

青だけがただ青だけが青空の青さを見せつけて未だ雲行き



  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

モノクロ

Author:モノクロ
ふとした日々の、ふとした言葉。「モノクローム文芸館」です。


・ご意見ご感想もお待ちして居ります。
~モノクロ書簡~

天気予報

時刻

月別アーカイブ

バイオリズム

FC2カウンター

放射線量計

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

« 2016 03  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -