〜あれから、いくつもの思いを重ねて。心より平穏を、小さな灯りを灯せますよう〜

短歌や詩、日々の可笑しみ

モノクローム文芸館

アスファルト雨に湿ると思い出す記憶のように今日も雨、雨、



スポンサーサイト
  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

切り裂いて吐き捨てるだけ切り裂いて墓まで空まで月夜月夜に



  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

日だまりの見せつけるような優しさを切り裂く夜空に月浮かぶ月



  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

やさしさを匂わせないまま枯れてゆく花びらの舞うかの列車道



  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

欲深いブルーブラウンの魂でむせび泣くのは雨のブルース



  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

夜桜も五年前とは違うねと穏やかな会話ふと聴こえたり



  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

土草と雨の匂いに湿らせて思えば過ぎたる日々からがらに



  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

憎しみと二億三千の優しさであなたの悪意を見つめていたい



  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

遠い日の記憶に寄り添うカステラに重なる影とか月影の日に



  1. 短歌
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

すっかり桜も見え始めて、
春、というか、春ですね。

春といえば、
クローゼットに春物の服があり、
特に思い入れのある洋服がありまして。

水色とベージュの二色同じものを持ってるんですが、
比較的いい服なんです。

昔、二十代に入ったばかりの頃、
欲しいけど高いなぁ、しかも色も迷うし何か仕方ないよなぁ、
と、忘れることにしたんです。

そして月日は過ぎ、
とはいえ、すっかり忘れ去ることもできず。

ある日、古着屋でその片方の色を見かけて。

安くなってるけど高いなぁと思うも、
やはり巡り逢いのご縁も感じて購入したのです。

そしてまた日々は過ぎ、
もう片方の色をまた別な古着屋で。

さすがにそこはもうご縁しか感じないわけで。

洋服、たかが洋服です。

けれども、ご縁を大切に過ごしていると、
何か小さなご縁に救われたり、励まされたり。

もちろん、何もかも大切にはできないけど、
できるだけ無理のない範囲で、ご縁を有難く思えるような、
ただ思うだけでも、小さな仕種や言葉に伝わるところもあるのかな、
と、洋服の話から、ほんとはただの洋服の話なんですが。

洋服や靴、アクセサリー、
そういう小さなものも大切に扱えるような、
緩やかな日々を過ごせたらいいですね。
  1. 日々の雑記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

モノクロ

Author:モノクロ
ふとした日々の、ふとした言葉。「モノクローム文芸館」です。


・ご意見ご感想もお待ちして居ります。
~モノクロ書簡~

天気予報

時刻

月別アーカイブ

バイオリズム

FC2カウンター

放射線量計

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

« 2016 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30