〜揺られ揺られる、日々の思いを、君へ、あなたへ〜

Archive: 2017年01月  1/1

-043-

No image

棘ばかり闇雲にただ尖らせて優しい言葉で切り裂く毛布...

  •  0
  •  0

-042-

No image

白百合の顔向く方へと赴けば出会い尊しと別れに思う...

  •  0
  •  0

-041-

No image

ため息で魔法使いが杖を振る夜空を駆ける嘘くさい風...

  •  0
  •  0

-040-

No image

電気グルーヴのそこはかとない調べ温度のゆるさに赦されてみる...

  •  0
  •  0

-039-

No image

蒸し返す虫と無視する無心にも無人の駅なら改札ごめん...

  •  0
  •  0

-038-

No image

いつかみた陰日向から空とかを切り抜いたような記憶も揺れて...

  •  0
  •  0

-037-

No image

咲かせても気付かれもしない花だけど時々どこかで見ていてくれる...

  •  0
  •  0

-心ここに在らず-

No image

最近、定期的に更新はしているものの、完全に、心ここに在らず状態。無理して無理して過ごしてるから、楽しみなんか無くなってしまったのかなとか。普通にそう思うことも多いけど。小説を書いたりすることに関しては、意欲も楽しさも日々に色々ある。楽しさとかが程ほどに少しだけあるくらいが、バランスがいいのかなとも思う。とりあえず、くそみたいな感情を、いかに丁寧に作品に織り込むか。小さな幸せを求めるなら、僕はあまり...

  •  0
  •  0

-036-

No image

悲しみと切なさ合わせの二重奏モノフォニックよりポリリズミカル...

  •  0
  •  0

-035-

No image

そっとして触れないような空腹でチョコとかグミとかコンビニ帰り...

  •  2
  •  0

-034-

No image

東から飛ぶ鳥も落とす温もりでいよいよ冬空温もらせうか...

  •  0
  •  0

-2017-

No image

明けましておめでとうございます。旧年中もお世話になりました。昨年は迷いの多い一年でした。ある程度のラインで守っていたことにさえ、多かれ少なかれ迷いがあり、迷いなく突き進んでいるように見えることにも、そんな感じでいいのかなという迷いばかりで、それでも、迷いなき正義こそ争いの根源である、という感覚もあり、迷いながら進むことは悪いことではないと、多少の自己肯定をしつつ、本年もゆっくり進んでいけたらと思い...

  •  0
  •  0