〜揺られ揺られる、日々の思いを、君へ、あなたへ〜

Archive: 2017年07月  1/1

-100-

No image

夕間暮れ直太朗さんが歌うときあたしは聴いてる夜のカーステ...

  •  0
  •  0

-099-

No image

鳴かぬなら祇園精舎の鐘の声 鳴くまで待つなら秋風に吹く...

  •  0
  •  0

-朝-

No image

短歌に綴ろうと思ったけど、あんまりうまくいかないので日記。君にも、あなたにも、僕にも、私にも。できることなら、穏やかな朝でありますように。近づいたり、離れたり。思ったり、思わなかったり。そうして、なるべくなら、静かな朝でありますように。...

  •  0
  •  0

-098-

No image

あの日から98回目の雨を窓から部屋から眺めてたくて...

  •  0
  •  0

-097-

No image

なけなしの笑顔で応える蝉しぐれ君なら秋冬のドレスコード...

  •  0
  •  0

-096-

No image

三角と四角のあいだの多角形そういう何かを照らして光り...

  •  0
  •  0

-095-

No image

大丈夫いいよいいよと笑う人そういう人にあたしはなりたい ...

  •  0
  •  0

-094-

No image

最果ての光りだろうかな昨日みた夕日に色めく紅色の月...

  •  0
  •  0

-093-

No image

背中から回した両手にくるまれる胸とか肺とか息づかいとか...

  •  2
  •  0