〜あれから、いくつもの思いを重ねて。心より平穏を、小さな灯りを灯せますよう〜

短歌や詩、日々の可笑しみ

モノクローム文芸館

生きる意味

死ぬ意味


僕らが生きていることに意味は無いけれど

あの人が死を選んだことには意味がある


それは僕らには分かることは無いかもしれない

憶測でしかないから


でも例え憶測だとしても

僕らには察することが出来る

想像することが出来る


僕らはまだ生きているから


生きていればまだ

誰かの死を思うことが出来る


あの人が死を選んだ理由を

幾つだって数えられる


そのときの心境だって

沢山沢山考えられる


僕らは生きてるから


そうやって一杯考えれば

そうして目一杯考えても


本当の答えには辿り着けないんだ

きっと

絶対


だから僕らは

死を選んではいけない


何も残らないし

何も伝わらないし

勿論何も変わらないし

何一つとして

思いは届かないから


こうゆう批判があるかもしれない


僕がこうして考えていること

それはあの人が死を選んだからだろう


それはそうかもしれない


僕に残してくれた光かもしれない


だけどそれを

僕らが繋いでいくためには


同じ連鎖で

悲しみを費やしてはいけない


あの人の気持ちを察するのは

生きる僕らだから


生きてる僕らだから


あの人の死に意味があるのは

僕らが意味を求めるから


その死を無駄にしたくないから


だけど

そんな優しさを求めて死を選ぶなら


優しさは得られない


その時は既に命を失っているから


伝えたいことがあるなら

絶望や怒りや憤りや悔しさや虚しさや壊したい何かがあるなら


明日一緒に壊しに行こう

思い切りぶち壊しに行こう


生きていれば

何度伝わらなくても

また伝えられる

何度だって伝えられる


完全に壊れるまで

思う存分ぶち壊すことが出来る


死は偉大だ

すべてを包んでしまう


そんなのは嘘だ


命は尊いものだが

それは生きてこその尊い命なのだ


生きているから尊い命なのだ


だから生きている者を殺してはならない


あなたが憎むあの人にも

あなたを小バカにするあの人にも


大切な人がいて

大切な明日がある


それを壊すことは許されないのだ


あなたが殺めようとしている

あなたの命にも


かけがえのない光が宿っていて


それはあなたが明日

いや数年後かもしれない


あなたと出逢うことを待っている

大切な人が

あなたを思う光


生きていても意味なんて無い


だけどその意味の無い命が出逢うこと

巡り逢うこと


その巡り逢いには意味がある


死の意味なんて

忘れてしまう


時が流してしまう


僕らは忘れる生き物だから


でも巡り逢いの意味は

何度だって思い出す


僕らはこうして生きているから

何度だってまた会えるから



p.s.


僕はあなたの顔を知らない

だけどこうして

何度だってここで会えるから
スポンサーサイト

テーマ : 自作詩    ジャンル : 小説・文学
  1. / trackback:0
  2. / comment:0
  3. [ edit ]



 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

モノクロ

Author:モノクロ
ふとした日々の、ふとした言葉。「モノクローム文芸館」です。


・ご意見ご感想もお待ちして居ります。
~モノクロ書簡~

月別アーカイブ

FC2カウンター

放射線量計

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -