〜揺られ揺られる、日々の思いを、君へ、あなたへ〜

-スタンダードMIDIファイル~logic編~- 

2011, 04. 02 (Sat) 02:12

スタンダードMIDIファイルをMac OS Xで、logicを使って無難に作る方法をご紹介。


検索しても中々良い情報が見つからないので、試行錯誤の結果を残しておこうと思いました。


まずは普通のMIDIファイルをlogicで作ります。

(その方法は、後ほど下記にて)

その後、MidiSwingというフリーソフトで、Format00、又はFormat01を作る。

logicでは、これが一番やり易い方法かなと僕は思いました。


では、logicでは、どのように作るか。


まず、上段ツールバーにて「ファイル」の下の方にある「書き出す」で、MIDIファイルへ簡単に変換されます。


その際に、もし音源が思ったように鳴らない場合、、


機械的なトラブルやミスでは無いと思われます。

イベントリストで完璧にMIDIデータを作りましょう。


特に「Ch」項目をトラックごとに1、2、3、、と割り振らないと、すべてのトラックが1トラックの音色で鳴ってしまいます。


その他、logicでは、ソフトシンセがループ系で設定されているので、ベンドやベロシティの効きも悪いです。

logicで聴いたとき心地よい音は、データとしては、まず間違いなく不完全な場合が多いと思われます。


分かり易い解説がネット上に、あまり無いという声も多く見聞きしたので、個人的な作業の過程を、書き下ろしてみました。



それでは、ご参考までに@@
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment