〜揺られ揺られる、日々の思いを、君へ、あなたへ〜

-三十億光年の孤独- 

2011, 05. 02 (Mon) 23:07

褒められても

嘘だと思い


貶されたら

真実に変わり


励まされては

見下されてるような気がし


突き放されれば

こちらからと突き倒す


誰も居ないような


確実に居るのに

その孤独は


万有引力で引かれ合う

僕らの愛情を


つまらないと笑っている


相対性理論に基づくと

昨日までの優しさが


今日の日の僕を孤独にしてしまう


ただ忘れていただけの

三十億光年の孤独に


僕は大あくびをした
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment