〜あれから、いくつもの思いを重ねて。心より平穏を、小さな灯りを灯せますよう〜

短歌や詩、日々の可笑しみ

モノクローム文芸館

この春から、新しい暮らしを始めた方も。

新しい後輩を迎え、歳月を感じる方も。


出逢いと別れは、背中合わせの日々。


目の前に居る君に。

傍らで気付かずに過ぎてしまうあなたへ。


その一つ一つを、かけがえのない繋がりだと感じながら。


こうして今、ブログを読んでくれている誰かの顔を、

僕は殆どに知らないのだろうけれど。


また知り合いであってさえ、

読んでくれている方を、その一人一人を、

簡略な解析なんかでは、とてもじゃないけど特定なんて出来やしない。


心細いくらいの繋がりかもしれないけど、

離ればなれになって、

悲しい面影を探す前に、

一緒に微笑みながら、苦笑いながら歩んで行きましょう。
スポンサーサイト

テーマ : 物書きのひとりごと    ジャンル : 小説・文学
  1. 日々の雑記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]



 管理者にだけ表示を許可する
 

<<-雨の夜-  | BLOG TOP |  -四拾->>

プロフィール

モノクロ

Author:モノクロ
ふとした日々の、ふとした言葉。「モノクローム文芸館」です。


・ご意見ご感想もお待ちして居ります。
~モノクロ書簡~

月別アーカイブ

FC2カウンター

放射線量計

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -