〜揺られ揺られる、日々の思いを、君へ、あなたへ〜

「ニート」(古典落語・改訂現代版) 

2011, 12. 01 (Thu) 23:20

「おい、少しは部屋を出たらどうだ?」


「さっき出たよ」


「そうじゃなくて」


「じゃあなにさ」


「いい加減、少しは働いてもらえると助かるんだがな」


「俺は助からないよ」


「そうか、俺らが居なくなったらどうすんだ」


「そんとき考えるよ」


「自分で働いたら好きなものが買えるぞ」


「特に欲しいものもないし」


「沢山働いたら将来寝て暮らせるかもしんねーぞ」


「いーよもう寝て暮らしてるし」


「子供とか欲しくないのか?」


「自分みたいになったら大変そうだし」


「そ、そんなことないだろ、、」


「ほら、やっぱり」


「分かった!好きにしろ!!」


「ふぅ、さて、また求人サイトでも見よっかな。

 いろいろ大変だねぇ」
スポンサーサイト

2 Comments

ぼうひと  

No title

お久しぶりです。
これって、元の噺は何ですか?
落語ではよくありそうな噺だなあとは思いながら、
具体的に何かよくわかりませんでしたので…
教えていただければ幸いです。

2011/12/05 (Mon) 13:01 | REPLY |   

健太郎  

No title

ありがとうございます。
実は、立ち読みした本で偶然見かけたものを、
現代風にアレンジしたら面白いだろうな、
と思って作ったんです。

あとで改めて、原題を調べておきます*

原作では「寝て暮らす」くだりをうまく大オチに変えていました@

2011/12/05 (Mon) 17:31 | REPLY |   

Leave a comment