〜あれから、いくつもの思いを重ねて。心より平穏を、小さな灯りを灯せますよう〜

短歌や詩、日々の可笑しみ

モノクローム文芸館

「Pohohohoooo!!!!」


つんざくようなクラクションで、利弘は我に返った。彼、山本利弘は、この十年間と言うもの、音大を出てからの十年間、交通整理のアルバイトをして過ごしている。始めは、ただ給料が良いからと言う理由で始めたアルバイトだった。過ぎていく日々の大半を小さな街の路地裏で過ごして。

利弘は、学生時代、と言うか今現在もなのだが、オーケストラの指揮者を志していた。それなのに、なぜこうゆう音楽とは関係のないアルバイトをしているのか。その理由の大半はお金だったことは否めないだろう。しかしながらも、彼は、ある時期から、この仕事に楽しみを見出していたことも事実なのだ。


「とし、今からバイト?」

「あぁ、今日は夜勤だよ」

「そっか、今週の土曜とか空いてる?」

「うん、問題が起こらなきゃ休み」


そうゆう会話をくり返すでもなく浮かべながら、仕事をして過ごした。今日は土曜日だ。またカラオケにでも行くのかと思ったら、どうやら違ったらしい。今日は、地元の文化会館で、後輩が加入している楽団のチャリティコンサートが開かれるらしいのだ。そいつとは、学生時代からの知り合いだから、もうかれこれ十年来の知り合いと言うことになる。後輩の方が先に立身出世することも多い、この業界において、こうゆう機会は少なくないのだ。

会場の傍らにある喫茶店で待ち合わせをした。店内には、見るからに浮世離れした、作曲家とも芸術家ともおぼつかないようなゴロツキから、普通の学生、サラリーマン風の人、老夫婦や音楽講師だろうと察しが付く中年など、様々な色味を帯びているのだが、それでも、クラシカルなコンサートであるから、音楽屋さん独特の空気が漂っていた。それは、まぁしかし、私の色眼鏡なのかもしれないのだが。


「ごめん、遅れた」

「や、全然待ってないから大丈夫だよ」

「ま、そう決まり文句みたいに言うなよ」

「もちろん、待ったけどな」


これと言った面白みもない二人が、揃いも揃って白シャツなんか着て来るもんだから、会話も多少ブラックにならざるを得ないのだろう。黒いシャツでも着ていたら、スマートでクリーンな色男になれるのだろうか。そんなことを取り留めもなく考えながら、お決まりの沈黙を保っていた。私たちはいつも、会話がなくても気にしない、と言うスタンスで会っているのだ。とは言え、二人が口下手であるから必然でもあるのだろう。それでも、手より先に口が動くような性格なら、元々音楽なんてやっていないのかもしれない。そうゆう考えが、なんか格好いい気がして好きなのである。実は、音楽に会話能力なんて微塵も関係していないことは、内心分かってはいるのだが。ま、どちらも口には出さないのであるから、内心思っていることの、更に内心であって、そうゆうことはいよいよ面倒な話になって来てしまう私の悪い癖である。そんでも、癖に良いも悪いもないのだろうが。


「今日は、あいつの曲目が入ってるぞ」

「誰だよ」

「小湊慎也、新曲だってな」

「そっか、すげぇよな、あいつは」


小湊慎也、この名前は、ちょっとでも音楽をかじっている奴なら、知らない奴はいないだろう。私と同い年で、二十代の半ばに、ドイツの音楽祭で、新人賞を取って凱旋帰国し、今では、CMや映画など様々な場面に彼の曲を聴くことが出来る。いわゆる、職業としては、作曲家と呼ばれる活動をしている。私のコンプレックスを象る一人でもあるのだ。そう言いながらも、実はちょいちょい彼の音楽をipodでリピートしていたりもするのだが。


「こないだの新曲はいまいちだったな」

「あぁ、最近はちょっとパッとしないかもな」

「お前、音楽は最近どうなんだ?」

「俺か?」

「ま、お前しかいないよな。俺の話してる相手は」

「うん、少し休んでるかな」

「そっか、たまには、また舞台上がればいいのに」

「色々あってな」

「だよな」



~to be continued~
スポンサーサイト

テーマ : 自作小説    ジャンル : 小説・文学
  1. 物語
  2. / trackback:1
  3. / comment:0
  4. [ edit ]



 管理者にだけ表示を許可する
 

まとめtyaiました【-街角のピアニッシモ~001-】

  1. 2012/06/01(金) 07:16:01 |
  2. まとめwoネタ速neo
「Pohohohoooo!!!!」つんざくようなクラクションで、利弘は我に返った。彼、山本利弘は、この十年間と言うもの、音大を出てからの十年間、交通整理のアルバイトをして過ごしている。始めは、ただ給料が良いからと言う理由で始めたアルバイトだった。過ぎていく日々の?...

プロフィール

モノクロ

Author:モノクロ
ふとした日々の、ふとした言葉。「モノクローム文芸館」です。


・ご意見ご感想もお待ちして居ります。
~モノクロ書簡~

月別アーカイブ

FC2カウンター

放射線量計

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -