〜あれから、いくつもの思いを重ねて。心より平穏を、小さな灯りを灯せますよう〜

短歌や詩、日々の可笑しみ

モノクローム文芸館

私のブログを読んで下さる方の多くは、

それがどういった類いのものであっても、


例えば、SNSのつぶやきなどであっても、


いつも核心に触れず、はぐらかされるような、

例え我が身にどのような出来事が起ころうとも、


何となくつまらないことばかり書いてるなぁ、と思われていたりもすると思います。


それはね、僕が言葉を大切にしているから。


心の悲しみを伝えるため、伝わらないもどかしさに、意図的にどぎつい言葉を選ぶことはありますが、、

それは我が身に反省するところです。。


言葉には「ことのは」「ことたま」と言う「言葉の魂」がありまして、


それは例えば、雪の結晶を一瞬で壊してしまう力や、

植物を枯らしてしまう力、精神を壊してしまう作用まであります。


まぁ後半は僕が作りましたけどね(笑)

でも、多分あながち遠くないと思います。


そういった言葉の力で、

自分を幸せにしたい、誰かを幸せにしたい、


そういう思いでものを書く仕事をして、歌や音楽を作って、


そこには見ようにも見えない作用があって、


「星」と書けば、星が見えて、

「空」と書くなら、空が広がり、


「雨」と書いたなら、雨が降るように、


「月」には、綺麗な月夜が訪れるのであります。
スポンサーサイト

テーマ : 物書きのひとりごと    ジャンル : 小説・文学
  1. 日々の雑記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]



 管理者にだけ表示を許可する
 

<<-音楽-  | BLOG TOP |  -048->>

プロフィール

モノクロ

Author:モノクロ
ふとした日々の、ふとした言葉。「モノクローム文芸館」です。


・ご意見ご感想もお待ちして居ります。
~モノクロ書簡~

月別アーカイブ

FC2カウンター

放射線量計

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30