〜揺られ揺られる、日々の思いを、君へ、あなたへ〜

-しごと- 

2013, 03. 21 (Thu) 01:42

見上げた空の色が

月が見えなくて空が


笑っていた

笑われていた


妄想では星でした

幻想では歌でした


それは夏目漱石のように


短歌を作れば

石川啄木が泣いていて


音楽を作れば

ショパンが泣いていて


それが才能でしたなら

無能に泣いていて


有望なスラッガーが

力量を嘆いていて


そんな涙が集まって

悲しい人ばかり寄り集まって


苦しい人だかりに寄り集まって

海を広げておりました


そんな海を泳いだり

ドライブデートに訪れたり


ひとり海の孤独に酔いしれたり


涙を流して流しながら

ひとり、またひとりの幸せを


それが仕事と呼ばれるものであります
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment