〜揺られ揺られる、日々の思いを、君へ、あなたへ〜

-成長- 

2013, 05. 08 (Wed) 03:30

作品が日々成長していきます。


元々、一行目を書き始めたときから、

男性を主役にするつもりが、自ずと女性であることを文脈から訴えて来て、


そして、彼女は意思を持つかのように、一つ一つの言葉を語り始め、


ストーリーテラーは、必然として物語を動かし引っ張っていくようです。


私の書いている小説でありながら、

どこか作品の意思に引っ張られるように動かされていく感覚が、


面白い感覚でもあり、また音楽や絵画では覚えることのなかった、

作品の自我というものを初めて体感しているようです。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment