〜揺られ揺られる、日々の思いを、君へ、あなたへ〜

-読書「みずうみ」- 

2013, 06. 12 (Wed) 22:42

最近、あんまり本を読んでなかったのですが、

久しぶりに小説を読みました。


っていう書き出しにしようと思ってたところ、

よくよく考えてみると色々読んでいて、人間の記憶っててきとーだなぁと思いました。


川上見映子さんの「乳と卵」も再読してたし、夢枕獏さんの「陰陽師」シリーズも、細々と読み集めていたり。

というわけで、がっつり新しい物語に浸ったのが久しぶり、ということで。


川端康成さんの「みずうみ」を読みました。


基本的に、うつくしい小説で、

「みずうみ」のように言葉がうつくしい小説だなぁという印象。


湖ではなく、美しいではなく。


うつくしい言葉に、物語に出逢いたい方には、オススメ出来るように思います。

ゆっくりまた静かな本にこころを、なんとなくな偶然を見つけたいものです。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment