〜揺られ揺られる、日々の思いを、君へ、あなたへ〜

-爪と目 / 藤野可織- 

2013, 08. 15 (Thu) 03:44

先日の芥川賞受賞作品「爪と目」

文藝春秋の今月号に掲載されていたものを読みました。


始めその読み辛さが大きくて放置していたものを今日読み終えました。


作品としてのクオリティは高いのか知れませんが、どこか煮え切らないまま終ってしまった印象。

煮え切らないものを文学的だと評するのは玄人ぶっていてつまらないなぁ。


自分的には、一回読んだらいいかな、という感想でした。


p.s.
そう言いながらも、ま、もう一回くらい読んでみてもいいのかな、と思わせる節もあるのは「受賞作品だから」なのかもしかしての魅力なのかうむ存じませぬ。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment