〜揺られ揺られる、日々の思いを、君へ、あなたへ〜
FC2ブログ

-053- 

2019, 10. 07 (Mon) 18:02

麦わらの帽子を傾け駅舎から快速列車の窓を眺むる

スポンサーサイト



2 Comments

Shy-da  

臨場感

快速列車というフレーズが出てきた瞬間、車窓から流れていく風景を自分も見ているような感覚を抱きました。自分は単純なもので、麦わらの帽子という単語が出てきたところで、この快速列車は晩夏の中の山間か、或いは海沿いを走っているのだな、と勝手に想像しました。とても臨場感に溢れ、目を閉じるとこの一首の情景がありありと浮かんできました。

2019/10/07 (Mon) 18:17 | REPLY |   

モノクロ  

Re: -053-

Shy-daさん

風景を眺めているような、短歌と受け取ってもらえたら、とても嬉しく思います。

最近では、花鳥風月や侘び寂びなどの、季節を感じられる短歌を詠めたら、本望なのかな、と日々感じております。

2019/10/13 (Sun) 19:26 | REPLY |   

Leave a comment